親子のスキンシップからも虫歯に!母と子のオーラルケアを学ぶ「歯と食のシンポジウム」に参加!
  • この記事を
    シェア

2018.11.08

毎日、きちんと歯はみがけてますか?

習慣で必ずみがいていても、きちんとできているか心配なもの。歯医者で自分の歯について詳しく聞く機会もなく、子どもの歯みがきがきちんとできているか不安…なんてことも。

そんななか、東京・銀座のICONICで「歯と食のシンポジウム」が開催されました。編集部がその模様をレポートします!

ドルツ日本歯科医師会主催、パナソニック協賛のシンポジウムで、食事をしながらの開催は今回が第1回目。当日はESSEプラチナレポーターも多数招待され、にぎやかで華やかなシンポジウムがスタート!

会場にはパナソニックの電動歯ブラシ ドルツの最上位モデルEW-DP52が各テーブルに準備されており、ジェットウォッシャーのEW-DJ71も展示されていました。

ドルツ

ドルツ

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」の詳しい情報はこちら!

虫歯にならないようにしっかり歯みがきの仕方を教えよう!

歯の健康のことを知るために、「母と子のオーラルケアの大切さ」を教えてくれる広島大学小児歯科准教授の光畑智恵子先生による講演から、シンポジウムは始まりました。

ドルツ

毎日の習慣として歯みがきは欠かせませんが、なぜ歯みがきが必要なのか? その疑問に答えてくれた光畑先生。
昔は3歳で虫歯のあった子どもは10人に6人だったのが、今では10人に1人と減ってはいるものの、やはり年齢が上がるにつれて虫歯のある子が増加傾向にあるとか。

とくに、子どもの歯は乳歯から永久歯に生え変わります。個人差にもよりますが、小学校に入るタイミングから永久歯に生え変わり、前歯と第2乳臼歯のうしろに生えてくる第1乳臼歯は6歳ぐらいから、ほかの乳歯はあとから生え変わってくるのだそう。ちなみに、どうせ生え変わるから、と歯みがきの手を抜くのはNGとのこと。

虫歯になる条件は「ばい菌がいること」「糖質があること」「歯質が弱い」。この3つがそろって虫歯になります。

「小さな子どもには、お母さんがみがいてあげる『仕上げみがき』が大切。さらに、子どもが自分でみがくようになっても虫歯を増やさないためには9歳頃まで仕上げみがきをすることが大事です」と光畑先生。

「小さな子どものオーラルケア」について、子どもをもつブロガーの皆さんの表情は真剣そのもの。先生の話にメモを取りながら聞き入っていました。

ドルツ

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」の詳しい情報はこちら!

●歯につまりやすい食材が登場!?食事も歯みがきも楽しみながら、健康を考える

そして、おなかもすき始めたところでお楽しみの食事タイム。今回のシンポジウムに合わせて、歯の健康を考えた栄養面も満足の「みきママレシピ BBQスペアリブとICONICのコラボランチ」が登場!
ここで、コラボランチを考案したみきママさんが登場し、お料理をいただきながらトークがスタート。

ドルツコラボランチのメニューは、「鴨コンフィを添えたサラダヴェール」「みきママ考案BBQスペアリブ」「クリームブリュレ薩摩芋風味」。

どれもおいしそうなメニュー! と思ったところ、みきママさんの説明によると、あえて歯につまりやすい食材を使って考案したというウラ話が。普段食べているなかでもとくに意識することがなかった歯につまりやすい食材を使うとは、さすがみきママさん! 見事に歯につまりました(笑)。

ドルツ歯にいい栄養素は(1)カルシウム(2)タンパク質(3)ビタミンA(4)ビタミンB(5)ビタミンC(6)フッ素の6つ。「この栄養素が入った料理も考えてきました!」とみきママさんが考案したレシピはシャケのキノコホウレンソウクリーム煮。

「すみません、全部と言いたいところですが、ビタミンCはミカン、フッ素は緑茶で取ってもらい、そのほかの栄養素が入った料理です!」とみきママさん。これは家でもつくりたい!

歯にいいものを食べて、食べたらきちんと磨いて、この組み合わせなら体にとってもいいですね。

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」の詳しい情報はこちら!

●幼少期に大事な食事と、食事を楽しむためのオーラルケア

最後には光畑先生とみきママさんのトークショーも。テーマは「食育とオーラルケア」ということで、虫歯に関して改めてオーラルケアを教えていただきました。

ドルツ3人のお子さんがいるみきママさんによれば、歯の健康を考えて、よく噛む食材を普段から使うことにしているそう。また、子どもが食べない食材や飽きがちな料理は、ファミレスのような濃い目の味つけにすると、子ども進んで食べてくれるとか。そして、まずは食べてもらうきっかけをつくるように、やわらかいものから固いものに徐々に変えていく工夫も必要とのことでした。

ドルツまたお母さん自身も、自身の歯をしっかりみがいて虫歯を防ぐようにしないと、スキンシップのうちに、いつの間にか菌が子どもにうつってしまう恐れもあるそうです。

みきママさんはこれまで、なんと30分かけて丁寧に歯みがきしていましたが、ドルツに変えてから30分が3分ですむようになったとか!
「朝・夕の合計1時間かかっていた歯みがきタイムが短くなって、時短にもなるし、きれいにみがけるしオススメです!ビックリしました!」とみきママさん。

ドルツブロガーの皆さんからの質疑応答や、ドルツでの歯みがき体験と、盛りだくさんの内容で幕を閉じました。

ドルツこれからはすみずみまで磨いて、歯をもっと大事にしよう! と再認識したイベントでした。

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」の詳しい情報はこちら!