1. トップ
  2. 占い

窓の掃除やカーテンの洗濯…毎日の家事で運気を上げるコツ

ESSE編集部
2021.07.20

いろんなことが起こった2020年は、占星術の世界でも大きな変化のあった年でした。
「200年以上続いてきた『地の時代』から『風の時代』に移り、“かたちあるもの”から、“見えないもの”に価値がおかれるようになりました」と、占星術師のKeikoさん。その新しい価値観を暮らしに取り入れることで、運を開くことができるそう。
では実際にどんな行動を起こしたらいいのか? 具体的に教えてもらいました。

窓を開ける様子

暮らしに取り入れたい!風の時代の開運アクション

毎日の習慣も、風の時代にふさわしくチェンジしたいとき。運気アップが期待できる習慣を紹介します。

●こまめに換気する

イラスト換気
さわやかな空気を取り込んで快適に

「風の時代」は、その名のとおり「風通し」が重要。
「今まで以上にこまめに空気を入れ換えて。よい気が入るように、玄関をきれいにしておくのも鉄則です。窓の掃除やカーテンの洗濯も開運アクションになりますよ」

●お香をたく

イラストお香お香の煙には、部屋に漂う悪い気を吸い込んでくれる効果が。
「定期的にお香をたいて、部屋じゅうを回るといいでしょう。とくにフランキンセンス(乳香)やホワイトセージの香りは、浄化の効果が高くおすすめです」

●家族で家事をする

イラスト夫婦で食器洗い大切な人とは積極的にコミュニケーションをとり、絆を深めて。
「掃除や料理などの家事はひとりで抱え込まず、家族で助け合いましょう。『お願いね』とまかせるのではなく、会話しながら一緒に作業するのがポイント」

●趣味を増やす

イラスト花瓶趣味を通じて人脈を広げ、自分の居場所をいくつもつくることで、幸運を呼び込めるように。
「子どもと一緒にできる習い事や、家でできる料理や手芸でもOK。SNSで趣味の発信をすると、思わぬ収入になることも」

●うわさ話をしない

イラスト女性二人だれかのうわさや悪口を言うと、あっという間に広まってしまうのも、風の時代の特徴。
「トラブルを防ぐためにもネガティブな話題は避けて。人の好き嫌いはなくし、だれとでもうまくつき合うことでいい情報が集まります」

●自然音を流す

イラスト音楽を流す様子自然音には高い波動の「風のエネルギー」が。
「掃除後、鳥のさえずりや川のせせらぎなどの自然音を“家に聞かせる”ように流すと、とくに効果的。風鈴やウインドチャイムを窓辺につるしておくのもいいでしょう」

運気アップのための習慣は、同時に毎日の暮らしを心地よくすることばかり。積極的に取り入れて、快適さとともに運もつかみとりましょう。

<イラスト/網中いづる 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【Keikoさん】

占星術師。月の動きに基づく開運法「ルナロジー」や願望達成法「パワーウィッシュ」を提唱。「占星術は占いではなく、星のエネルギーを読み取るスキル」という考えのもと広く開運情報を伝える

  • この記事を
    シェア