1. トップ
  2. 占い

今週のあなたも大丈夫。天城映の星占い<2020年10/19~25>

2020.10.19
  • この記事を
    シェア

心理占術研究家の天城映先生が、あなたの運勢を12星座別に占ってくれました。

12星座別に、今週の運勢をアドバイス!

おひつじ座(3/21~4/20生まれ)
心境の変化あり。熱心に追いかけていたものが色あせて見えたり、逆に興味のなかったものが輝いて見えたり。これまでのいきさつにこだわらず、今の気持ちに素直になりましょう。やめたいと思っていたことをやめるのも吉。今週ならうまくいきそう。<続きを読む>

おうし座(4/21~5/21生まれ)
ひそかにあなたの株が上がるとき。おうし座持ち前の、周囲へのさりげない思いやりやサポートが多くの人に浸透するからですが、「みんなの世話役」になってくれと頼まれることも。この際なので引き受けましょう。忙しいけれど充実するし学びも多そう。<続きを読む>

ふたご座(5/22~6/21生まれ)
うれしい連絡や楽しい予定が立て続けに入るなど、明るい運気。でも、先送りにしている問題にそろそろ手をつけてと星からのメッセージも。ぐずぐずしていると週末にもつれ込むので、週前半からがんばって。人への頼みごとはうまくいくので遠慮なく。<続きを読む>

かに座(6/22~7/2生まれ)
引き続き心が揺れやすいとき。人のなにげない言葉に惑わされたり、心の古傷がうずきだしたり。この時期耳を傾けるべきなのは、あなたを思ってくれる身近な人たちの言葉です。家族や親友が「気にしなくていい」と言ったなら、それを信じて気にしないで。<続きを読む>

しし座(7/23~8/22生まれ)
気まぐれに幸運のカギが。ショッピングの途中でふと予定と違うものに惹かれた、普段あまり交流のない人のSNSにコメントをつけたくなった…。そんなときは衝動に従ってみて。思いがけない好展開になりそう。献立変更、部屋の模様替えもラッキー。<続きを読む>

おとめ座(8/23~9/23生まれ)
星の影響でお尻が重くなりがち。一度腰を落ち着けるとなかなか動けなくなるので、用事が残っているうちは休まずに動き続けましょう。料理なら下ごしらえをすませておく、家事や買い物は家族と分担しておくなど、気が重くならない工夫をすると吉。<続きを読む>

てんびん座(9/24~10/23生まれ)
抜てき運。だれかのピンチヒッターでやってみたかった仕事をすることになったり、プライベートでもなにかの代表やまとめ役を頼まれたり。もともとやるはずだった人よりも上手にこなせるし、役得もあるのでぜひ引き受けて。懸賞に当たる機運も。応募を!<続きを読む>

さそり座(10/24~11/22生まれ)
集中力が今ひとつ。完璧にやったつもりでも、小さなミスが目立ちそうです。でも、普段はちゃんとやっているのだから多少は大目に見てもらえます。あまり落ち込まないで。フォローしてくれた人にはきちんとお礼を。読書するなら歴史漫画がおすすめ。<続きを読む>

いて座(11/23~12/21生まれ)
頭の回転が速く、いろいろなことを素早く判断できるとき。その分神経が疲れやすいので、適度に体を動かしたり、居場所を変えたりしてリフレッシュする必要が。あき時間には散歩やストレッチをぜひ。スマホやPCの中身を処分するのもおすすめ。<続きを読む>

やぎ座(12/22~1/20生まれ)
星の影響で、表面的なことに気をとられる傾向が。たとえば、人の肩書きや身なり、第一印象など…。それだけで「こういう人」と決めつけると、あとで「しまった!」ということになるかも。一瞬で人を見抜けるなんて思わずに、謙虚に接しましょう。<続きを読む>

みずがめ座(1/21~2/18生まれ)
まっすぐな気持ちが伝わる星回り。意見の違いで人とぶつかっても、説明がうまく伝わらなくても、あなたが「わかってほしい」という心を失わなければ最後には理解してもらえます。もちろんあなたも相手の言い分をきちんと聞き、落とし所を探して。<続きを読む>

うお座(2/19~3/20生まれ)
重めの運気ですが、この「重さ」はいい重さ。深い海にじっくり沈んでいって、眠っていた宝物を見つけるようなことができる星回りです。気になっていた本やドキュメンタリーに触れて考えるもよし、ひとりの時間をつくってカフェで思いにふけるもよし。<続きを読む>

●天城映さん、ゲッターズ飯田さん、章月綾乃さんなどの当たりすぎる! 占いコンテンツはこちらでチェック

教えてくれた人
【天城映先生】

心理占術研究家。大学時代から学んでいた心理学をはじめ、占い・スピリチュアル学・エネルギーワークに関連する学問を探究している。2019年、東京都渋谷区の鑑定室をリニューアルオープン

<イラスト/ナカオテッペイ>

このライターの記事一覧