1. トップ
  2. 占い

今週のあなたも大丈夫。天城映の星占い<2020年8/3~9>

2020.08.03
  • この記事を
    シェア

心理占術研究家の天城映先生が、あなたの運勢を12星座別に占ってくれました。

12星座別に、今週の運勢をアドバイス!

おひつじ座(3/21~4/20生まれ)
「打てば響く」の一週間。気になる人に連絡したら即レスが来たり、SNSにアップするやいなや矢継ぎ早に反響が届いたり。あなたが自分をアピールすれば、周囲から必ずリアクションがきますよ。就・転職も、面談の場で合否が決まりそうな予感。<続きを読む>

おうし座(4/21~5/21生まれ)
心が繊細になるとき。周囲からのノイズを受け取りやすいのが心配です。親しい人や好きなアーティストに関する風評、不安を煽る情報などに悩まされるかも。根拠のないことは信じない、よけいな情報は仕入れないこと。家族に関する心配事は様子見で。<続きを読む>

ふたご座(5/22~6/21生まれ)
今週の幸運は友人経由でやってきそう。でもそれは一見、面倒に思えることかも。たとえば、長時間の海外ドラマをすすめられるとか、知らない人もいるオンライン飲み会に誘われるとか。でも友人を信じてのっかってみて。「やってよかった」と思えますよ!<続きを読む>

かに座(6/22~7/22生まれ)
星の影響で少しお尻が重くなるとき。のんびり構えているといえば聞こえがいいですが、単に面倒くさがりになっているのかも。今週起こることは、放置しても可のことと不可のことがあるので要注意。緊急性があるのかどうか、まず最初に確認を。<続きを読む>

しし座(7/23~8/22生まれ)
このところ考えていた「あのこと」を決断するなら今週がベスト。ビシッと決めることで、不思議とほかのことまでスムーズに動き出します。あまり人に相談しすぎると逆に迷うので、自分の直感に従うのがいちばん。「キャンセル待ち」にもツキあり。<続きを読む>

おとめ座(8/23~9/23生まれ)
周囲の人との意思疎通がうまくいかないとき。「わかってもらえない」「もうこの関係はダメかも」なんて思いがちですが、相手は「ただ忙しいだけ」かも。今はそういうタイミングなので、しばらくしてから連絡や話し合いをすれば大丈夫。気楽に考えて。<続きを読む>

てんびん座(9/24~10/23生まれ)
情に流されるといいことがないとき。大変そう、かわいそう、親しくしている相手だからという理由で手助けしてしまうと、後々まで面倒なことになる場合が。どうしても手伝いたいなら、「ここまでならやります」と、最初に一線を提示するようにして。<続きを読む>

さそり座(10/24~11/22生まれ)
油断大敵の運勢。仕事や勉強は、少しでも怠けると周囲に差をつけられそう。気が進まない日も、最低限のノルマはこなすよう心がけて。また、目上の人といい関係だからと安心していると、いつのまにか気持ちがすれ違う暗示。挨拶や連絡は欠かさずに。<続きを読む>

いて座(11/23~12/21生まれ)
小さな奇跡が起こるとき。とっくに諦めていたようなことも、今ならうまくいきそうな予感が。公私を問わず挑戦は吉です。分かり合えないと思っていた知人と一度向き合うのもおすすめ。ざっくばらんに話せば、意外とすんなり心が通じるかも。<続きを読む>

やぎ座(12/22~1/20生まれ)
「察する力」がアップするとき。秘められた人の気持ちや、複雑な事情にピンとくることが多いかも。アドバイスしたい気持ちになりますが、相手がそれを求めているとは限りません。むやみに立ち入るとトラブルを招く恐れも。そっと見守るのが正解。<続きを読む>

みずがめ座(1/21~2/18生まれ)
対人運が好調。気が合う友人が見つかったり、パートナーとの仲がさらに深まったり。仕事や趣味で「相棒」が見つかることも。この人おもしろいな、と思ったらまずはSNSでつながってみるのがおすすめ。自分とは正反対のキャラと案外相性がよいようです。<続きを読む>

うお座(2/19~3/20生まれ)
手間のかかる用事を抱え込みそうな予感。「がんばればなんとかなる」と思いがちですが、実際はなんとかなる量ではないかも。早めに周囲に協力を頼んで。年下の人や子どもにも、できることがあったらお願いしましょう。彼らも勉強になって一石二鳥です。<続きを読む>

●天城映さん、ゲッターズ飯田さん、章月綾乃さんなどの当たりすぎる! 占いコンテンツはこちらでチェック

教えてくれた人
【天城映先生】

心理占術研究家。大学時代から学んでいた心理学をはじめ、占い・スピリチュアル学・エネルギーワークに関連する学問を探究している。2019年、東京都渋谷区の鑑定室をリニューアルオープン

<イラスト/ナカオテッペイ>

このライターの記事一覧