1. トップ
  2. 占い

今週のあなたも大丈夫。天城映の星占い<2020年6/29~7/5>

2020.06.29
  • この記事を
    シェア

心理占術研究家の天城映先生が、あなたの運勢を12星座別に占ってくれました。

12星座別に、今週の運勢をアドバイス!

おひつじ座(3/21~4/20生まれ)
人と自分を比べて落ち込みがち。でもそれは、あなたがその人の活躍しているところや、輝いている面しか見ていないからかも。もっとよく見てみて。挫折した経験をバネにしていたり、人知れず努力していることがわかって「なるほど」と思えるはず。<続きを読む>

おうし座(4/21~5/21生まれ)
頭が冴え、要領のよさもアップ。複数のことを同時進行してもスムーズにこなせます。「これってほかにも応用できそう」「ついでにあれもできちゃうかも」なんて、次々アイデアが浮かぶことも。なんでもとりあえず始めて、手を動かしながら考えるのが正解。<続きを読む>

ふたご座(5/22~6/21生まれ)
よくも悪くも平均点の運気。頑張ってもそれなりの結果にしかならないし、逆に言えば多少サボってもそれほど影響はありません。今週は全体的に現状維持できればOKと考え、ほどほどにやってのんびりして。手芸など手先を使う作業はおすすめ。<続きを読む>

かに座(6/22~7/22生まれ)
少し勇気を出すだけで状況を変えられるとき。本当はもっといいやり方があるのに「ずっとこうだったから」という理由だけで続いていることがあったら、あなたから「変えませんか?」と提案して。うまくいくし、相手からも感謝されそう。<続きを読む>

しし座(7/23~8/22生まれ)
やや低調。体調や気分が思わしくないのに、やることは山積みでため息が出るかも。ひとりで背負いこんでいるあなたを見て、周囲は心配しています。「手伝おうか?」などと声をかけてもらったら、素直にお願いして。後日お返しすれば問題なしです。<続きを読む>

おとめ座(8/23~9/23生まれ)
メリハリが大切。家事を頑張った日の翌日はとことんリラックス、食べ過ぎたら次の日は粗食、お楽しみは毎日ではなくたまにするなど…。緩急をつけることで心身のバランスが自然と整い、ひとつひとつの出来事をしっかり味わうことができるはず。<続きを読む>

てんびん座(9/24~10/23生まれ)
「急がば回れ」の星回り。効率アップのつもりでなにかを省略すると、後からトラブルの原因になったり、結局やり直しになったりしそう。仕事から家事、グループ作業まで、なんでもきちんと段階を踏んで進めて。メンバー、上の人への報告もこまめに。<続きを読む>

さそり座(10/24~11/22生まれ)
星の影響で、行動力と計画力がグンとアップ。今年は無理だと思っていた夏のレジャー、人が集まりにくそうな近場へ遊びに行くのはアリかもしれません。前向きに検討してみて。やらねばと思っていた手続きを、今週まとめてすませるのもいいでしょう。<続きを読む>

いて座(11/23~12/21生まれ)
対人トラブルにご用心。自分と相手の双方に言い分があるような場合、「どう見ても自分が正しい」と主張するのは分が悪いようです。折り合いがつかないならいったん引いて、時間を置いて。するとお互い冷静になれ、結果的に早く解決できそう。<続きを読む>

やぎ座(12/22~1/20生まれ)
自分から積極的に行動しなくても、周囲の人がいい方向へ導いてくれるとき。「おもしろい人がいるから紹介するよ」「こういうイベントがあるけど参加しませんか?」というようなお誘いがあったら、ツキが回ってきたしるしです。すぐに前向きな返事を。<続きを読む>

みずがめ座(1/21~2/18生まれ)
ほどよい力加減が大切なとき。必要以上に力んだり、人から注目されようとすると逆に失敗して悪目立ちする恐れが。仕事や家事も、張りきり過ぎると、疲れるばかりで成果が上がらないのでご用心。スタミナ配分を考えてちょうどいいペースで進めて。<続きを読む>

うお座(2/19~3/20生まれ)
イベント運が好調。人の集まるリアルなイベントはまだまだ難しくても、ネットやSNSでのイベント、家族内イベントなら問題ないはず。おもしろそうなものを見かけたら気軽に参加したり、自分から「こんなことやってみない?」と提案するといいことが。<続きを読む>

●天城映さん、ゲッターズ飯田さん、章月綾乃さんなどの当たりすぎる! 占いコンテンツはこちらでチェック

教えてくれた人
【天城映先生】

心理占術研究家。大学時代から学んでいた心理学をはじめ、占い・スピリチュアル学・エネルギーワークに関連する学問を探究している。2019年、東京都渋谷区の鑑定室をリニューアルオープン

<イラスト/ナカオテッペイ>

このライターの記事一覧