1. トップ
  2. 占い

12星座別の基本性格まとめ。気になるあの人ってどんな人?<天城映の星占い>

2019.04.01
  • この記事を
    シェア

心理占術研究家の天城映先生が、12星座別の基本性格を教えてくれました。ご自身やご家族、お友達や職場の人などの星座をチェックして、おつき合いの参考にしてみて!

おひつじ座(3/21~4/20生まれ)の基本性格

12星座の先頭をきって登場するおひつじ座。トップバッターを務めるだけあって、道なき道を切り開くパイオニア精神の持ち主です。負けん気の強さでは12星座一、困難があるほどパワーを発揮し、乗り越えてしまうのはお見事のひとこと。
お仕事もバリバリこなし、どんな過酷なノルマを与えられてもひるむことなく挑み、達成するおひつじ座女子は、ワーキングウーマンの鑑と言っても過言ではありません。ハッキリものをいうので最初は少々怖いかもですが、裏表はないし、面倒見はいいし、まさに頼れる姉御ですね。
家庭ではしっかり者で、炊事洗濯掃除、なんでもテキパキこなすスーパーワイフ。加えて子どもの学校の役員などもおまかせあれ! ですから、そんじょそこらの男性よりも男前かも…。カッコいいですね。

おうし座(4/21~5/21生まれ)の基本性格

春真っただなかに生まれたおうし座。ぽかぽか温かい季節の影響か、とても穏やかで温厚な性格の持ち主です。なにかを決めたり、行動を起こすにも時間をかけるのが特徴で、せっかちな人に「じれったい!」といわれてもその姿勢は揺るがず。
…そう、一度決めたことは雨が降ろうが槍が降ろうが変えようとしない、おうし座の頑固さは12星座一。めったに怒りませんが、怒ると非常に怖い一面も。ただそれらは並外れた忍耐力や責任感の裏返しでもあり、その芯がブレないところに、多くの人が信頼を寄せていくでしょう。
味覚や嗅覚をはじめとする、五感に優れているのも特徴。料理やアロマ、お菓子づくりやフラワーアレンジメントなど、おいしいものや美しいものを追究する世界で才能が花開きそうです。

ふたご座(5/22~6/21生まれ)の基本性格

自分のなかに「もうひとりの自分」をもっているというとわかりやすいのが、ふたご座生まれの人。やたら好奇心が旺盛だったり、大胆なくせに神経質だったり、その時々でまるで別人のような多彩な表情を見せたりするのは、すべて「もうひとりの自分がいるがゆえ」ととらえれば腑に落ちますね。
生来、表現力が豊かで話し上手なので、だれをも惹きつけ、どこへ行っても目立った存在になれる運命の持ち主。12星座一、芸能界に近い人といってもいいかも!?
とはいっても芸能界に行くとは限りませんが、最終的には持ち前の、政治からお色気話、雑学に巷の噂など、なんでもありのマルチな情報力とコミュ力を駆使。変化や刺激の多い世界に自分のポジションを確保し、一目置かれます。またそれが似合うのです。

かに座(6/22~7/22生まれ)の基本性格

夜空に輝く月は「女性」にたとえられる星。その月を守護星に持つかに座は、女性的な傾向、たとえば感受性が強い、お天気屋、情緒的、子どもやお年寄りに優しい、人をサポートするのが好きだし上手…といった特徴をもっています。まるでお母さんみたい。
そのため、友だちから「ひどいのよ~泣」と愚痴や悩みを延々と聞かされ、よしよしと慰める立場にいつのまにかなっていることが少なくないようです。
「頼まれると嫌といえない性格」もみんなにはバレバレ。請われるままにすべて引き受け、「次は絶対に断る!」と固く誓っても、笑顔で感謝されると「またなんかあったら言ってね~」と微笑んでしまうかに座女子。お人よしというか愛すべき人という点では12星座一といえそうです。

しし座(7/23~8/22生まれ)の基本性格

百獣の王・しし。その星座のもとに生まれたあなたは、まさに王と呼ぶにふさわしい貫禄と華やぎ、自信とパワーの持ち主です。プライドは12星座でいちばん高く、それを傷つけられようものなら一生忘れないでしょう。
とはいうものの、復讐の機会を物陰から狙うといった執念深さはありません。細かいことにこだわるのはみっともない! というしし座特有の美学のもと、「鷹揚なワタクシ」を意識して演出しているのもいくらかはありますが、基本的に根が明るく、まっすぐなわかりやすい性格です(要するに単純?)。
そのせいか、複雑なこと、後ろ暗いこと、小細工は苦手…というか断固拒否。仕事、家庭、あらゆる悩みに直球勝負で立ち向かい、正々堂々と戦う姿こそが、しし座女子の真骨頂なのです!

おとめ座(8/23~9/23生まれ)の基本性格

「おとめ」と聞くと清純、ウブ、可憐…といったことを連想なさる方が多いと思いますが、乙女座生まれの基本性格も、その「清純派路線」を考えていれば間違いありません。とくに、曲がったことや汚れを許さない潔癖さ、正義感の強さは12星座一。
昨今のように嘆かわしい事件が続く社会では、おとめ座女子はもう卒倒しそうにお怒りのはず…ですが、いちいち怒っていては身がもたない。その結果、一瞬耳を疑うような痛烈な批判や皮肉の数々を、上品にさらりとおっしゃり、怒りを発散する術を星から授かったのです!
おそらく周囲の方々は、おとめ座女子が隠しもっている「批判&皮肉ボンバー」の存在にお気づきでしょう。また潔癖ゆえでしょうが、整理整頓や分類分析が上手なのも特徴です。

てんびん座(9/24~10/23生まれ)の基本性格

弁護士バッジの中央に「公正と平等」を意味するものとして「てんびん」が描かれているのをご存知でしょうか? …なーんておカタい入り方をしてしまいましたが、てんびん座女子の基本性格をあげるなら、なんでも正しく公平にと考えるところと、バランス感覚のよさははずせません。
常に心の中のてんびんを水平に保とうと努力しているかのように、どんなときも決して取り乱したり大きな声を出したりしないクールビューティー。上品さでは12星座一です。
また上品さを保つには、それ相応のケアが大事ということはよくわかっていて、美容やおしゃれには努力や出費を惜しみません。てんびん座女子を「見栄っぱり」と軽んじる人もいますが、そんな人さえも平等に接し、微笑みかける心のゆとりは見習いたいですね。

さそり座(10/24~11/22生まれ)の基本性格

さそりってどんなイメージ? 「砂漠にいて、毒をもってる」「鳴かないでしょ? 静かだけど不気味(笑)」「寡黙で神秘的な感じがします」…こうやってみると、一般的な蠍のイメージと蠍座生まれの基本性格はかぶりますね。
さそり座女子はたしかに静か。無口でおとなしいです。でも内に秘めているものは計り知れず、土壇場で発揮する底力はメガトン級。神秘的という意見もありましたが、そういう科学では解明できない第六感や直感をはたらかせるのも、さそり座の得意分野。
もちろん、夫の浮気にも敏感です。デートして帰ってきた夫を「そこに座って」と問いつめ、震え上がらせたりも…。そう、さそり座女子の嫉妬深さは12星座一。日頃おとなしいからってさそり座女子を侮るなかれ。

いて座(11/23~12/21生まれ)の基本性格

上半身が人間、下半身が馬に描かれているいて座。ふたつの異なる世界を行き来する、自由奔放さの象徴です。そう、いて座女子はフリーダム。そのオープンマインドと行動力は12星座一! 思い立ったらいつでもどこへでも出かけていきます。
徹夜で仕事し、その足でツアーに参加。現地で解散後、別のところに足を延ばし、グルメして…。あ、途中でご無沙汰のA子にも連絡して、と…みたいに、タフなプランを平気で組んでこなしたりも。
こんな調子ですから、人に「少しのんびりしたら?」みたいに意見を言われたり、束縛されることが超苦手です。どこかの5歳女児じゃないけど、ぼーっと生きていたくないんでしょうね。めいっぱい生きて、行けるところまで行く。これがいて座女子のありかたなのです。

やぎ座(12/22~1/20生まれ)の基本性格

ギリシャ神話の牧神パーンがやぎに変身し、それが空に昇って星になったのがやぎ座の始まり。やぎといえばメエメエ鳴いておとなしくてかわいいイメージですが、それが本当だと思ったら大間違い! 実際のやぎは、人が行けない、かつ気象条件が厳しい岩山に好んで棲息し、断崖絶壁もよじ登り、餌は自分で捕獲して食すというド根性動物なのです。
やぎ座女子の基本性格は、実際のやぎと重なります。普通なら敬遠することでも、「これは将来への布石だ」と思えば進んで飛び込む勇気と根性。一歩一歩進む堅実性。たぐいまれな忍耐力。努力家であること…。
またやぎは平地より高いところが好きですが、やぎ座女子も社会の中で高いところが好きで、出世や地位のアップに興味津々。12星座一の野心家なのです!

みずがめ座(1/21~2/18生まれ)の基本性格

変革の星・天王星を守護星とするみずがめ座。天王星の精神を引き継いでいるみずがめ座女子の基本性格のなかで、代表的なものをあげるなら、まずは「独創的」「風変わり」があげられるでしょう。人と同じや横並びなんかイヤ、変わったことをやりたい! のです。それで悪口や陰口を言われても気にしないし、むしろそれが快感だったりも!?
みずがめ座女子にとって大事なのは、自分なりの価値観を大事にし、実現させていくこと。人とうまくやっていくことではありません。
新製品に目がないのは12星座一。家電などで新機能搭載! などと謳われているとつい欲しくなり、毎年洗濯機を買い替えているツワモノも。こんな調子ですから貯金はなかなかできません。稼いでも稼いでも残らないのはある意味アッパレです。

うお座(2/19~3/20生まれ)の基本性格

うお座の守護星は海王星。この星は文字どおり、海のような豊かさ、すべてを包み込むような包容力と愛情をうお座女子に与えました。とにかくなにをするにも、理屈や理性、常識ではなく、感情や気持ちが最優先するのが魚座女子。「今、これをいったら不利になるわ」といった計算がまるでできず、失敗することも少なくありません。
が、自分を犠牲にしてでも人を救う献身的な愛では12星座一。もうダメ~と思ったそのときに、「以前助けてもらった恩返しに」と救いの手がやってくる…なーんてドラマが起こりやすいのも、うお座女子ならではです。
こんな運のよさがあるため、一見頼りない感じかもしれませんが、じつはかなりの自信家。どんなときも「なんとかなる」といい、本当になんとかしてしまうのがうお座女子なのです。

教えてくれた人
【天城映先生】

心理占術研究家。大学時代から学んでいた心理学をはじめ、占い・スピリチュアル学・エネルギーワークに関連する学問を探究している。2019年、東京都渋谷区の鑑定室をリニューアルオープン

<イラスト/ナカオテッペイ>

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】