1. トップ
  2. 占い
ゲッターズ飯田さんが占う 2020年の運勢
ESSE編集部
2020.01.23
  • この記事を
    シェア

ゲッターズ飯田さんが監修する、生年月日でわかる五星三心のタイプは12種類。
幸運を引き寄せるためにも、まずは自分のタイプを知り、2020年の運気をチェックしましょう。

ゲッターズ飯田さんが占う2020年の運勢

2020年の運勢はいかに!?ゲッターズ飯田さんの五星三心占い

●五星三心とは?
「五星三心」とは四柱推命や星占いなど、複数の要素を組み合わせてゲッターズ飯田さんが編み出したオリジナルの占い。生年月日によって人を12種類のタイプに分類し、性格や運勢を読み解きます。

●五星三心 タイプの出し方

(1) 表1で、自分の生まれた年と月の交差する位置の数字を調べ、その数字に生まれた日をたす。61以上になった場合は、その数字から60を引く。

(2) 当てはまる数字を表2で探し、生まれた西暦が偶数か奇数かによってタイプを判断する。

例:1984年10月26日生まれの場合、表1で交差している数字が4なので、26をたして30になります。生まれた西暦が偶数なので、表2で探すと金の鳳凰座だとわかります。

【表1】
表1-1

表1-2

※この表のなかに自分の生まれた年がなかった方は、大変お手数ですがゲッターズ飯田さんの公式サイトからお調べください。

【表2】

今年の幸運タイプと要注意タイプは?

【幸運タイプ】

●金・銀のカメレオン座

周囲を観察し、長所を取り入れて自分のものにするのが得意。環境によって運気が変わるので、マネしたくなるようなすてきな人が集まる空間に身をおくことが幸運のカギに。

●金・銀の時計座

振り子時計のように周りに振り回されながらも、人と切磋琢磨して成長していける人。面倒見がよく、他人のために行動できるので、困ってもだれかが手を差し伸べてくれます。

●金・銀の鳳凰座

意志が強く、たとえ壁にぶつかっても乗り越えるパワーをもっています。ただしがんこで人脈が広がりにくいため、相手を第一印象で決めずに、周りの意見を聞くことが重要。

【要注意タイプ】

●金・銀のイルカ座

負けず嫌いで、ライバルがいることで成長するタイプ。社交性があり、自然と人が集まります。苦しいできごとに直面したら、その原因と向き合うことが開運のきっかけに。

●金・銀のインディアン座

マイペースで空想が大好き。子どもの心のままで大人になったような人で、愛嬌があり、周りから愛されます。自由な発想で、やりたいことを自分らしく続けていってOK。

●金・銀の羅針盤座

まじめで人の意見に振り回されやすく、思ったことをなかなか実行に移せない性格。ネガティブになりがちですが、意識的にポジティブ思考になることで人生が好転します。

●2020年上半期 天城映先生の12星座占いもチェック!

●月曜日に更新! 毎週の星占いはこちらでチェック!

<取材・文/ESSE編集部>