桃の節句に手軽に邪気払い!風情たっぷりな桃花酒風ドリンクはいかが?
  • この記事を
    シェア

2018.03.01
もうすぐ3月3日の桃の節句です。桃の節句に白酒や甘酒を飲む習慣がありますが、昔は桃の花をお酒に漬け込んだ「桃花酒」を飲んでいたそう。

「桃の花びらを漬け込んだ桃花酒を飲むことで、邪気を払うという意味があります」と教えてくれたのは、和文化研究家でAllAbout「暮らしの歳時記」ガイド・三浦康子さん。
桃の節句の由来や、桃花酒の楽しみ方について、詳しく教えていただきました。

桃花酒風ドリンク

桃の節句に、桃花酒(とうかしゅ)風ドリンクはいかが?

3月3日は女の子の健やかな成長を願う日ですが、そもそもどうして「桃の節句」というのでしょうか?

「古代中国では、季節の変わり目に、邪気が入り込むとされ、奇数が重なる日に穢(けがれ)を払う風習がありました。3月3日の桃の節句の時季は、冬から春への変わり目。桃は木へんに『兆』と書くように、命の兆しを意味し、死などの『邪気』を払う神聖なものとして用いられました。これが日本に伝わり、女の子の成長を願う日に変化したのです」

平安時代の貴族たちは3月3日に、桃の花を盃に浮かべた桃花酒を飲んで、楽しんでいたそう。そこで三浦さんが提案するのは、桃花酒を模して、お酒や炭酸に桃の花びらを浮かべて飲むこと。

「風情が味わえますし、水や炭酸に桃の花びらを浮かべる方法なら、子どもも飲むことができますよ」

浮かべる花びらの数は、陰陽思想で縁起がいい縁起のいい奇数がいいそう。1枚でもいいですが、できれば3枚浮かべるのがおすすめです。

春の訪れを感じながら、桃花酒風ドリンクで桃の節句をお祝いしたいですね。

●教えてくれた人
【三浦康子さん】

和文化研究家、ライフコーディネーター。昔の和の暮らしを楽しむ方法をテレビや雑誌、Webなどで提案。著書に『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店刊)がある。

<イラスト/macco 取材・文/ESSE編集部>

子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本


お正月やひな祭り、お花見、お盆、お祭りなど、季節の行事を親子でいっしょに学べる絵本。 由来やしきたり、遊び方や箸の持ち方、衣服のたたみ方など、行事を子育てに役立てるためのコツを豊富なイラストで楽しく紹介しています。