食べ方お悩みNo.1のミルフィーユ。どうしたら上手にきれいに食べられるの?
  • この記事を
    シェア

2016.03.15

 普段の食事のなかでも、きれいに食べるのが難しかったり、じつは正しい食べ方を知らない料理ってありませんか?プロに教わる“きれいな食べ方”で、今日からテーブル美人に!

パイが散らかる、くずれる!食べ方悩みNo.1のスイーツ【ミルフィーユ】

パイが散らかる、くずれる!食べ方悩みNo.1のスイーツ【ミルフィーユ】
ナイフを小刻みに動かしてカットする
 ナイフで一気に切ろうとすると、パイに圧力がかかりすぎ、割れてボロボロにくずれます。まずはフォークで一層目のパイを刺して固定し、ミルフィーユの中央にナイフを入れます。小刻みにナイフを動かし、二層目のパイの手前まで、切り分けます

パイが散らかる、くずれる!食べ方悩みNo.1のスイーツ【ミルフィーユ】
左上から1/4ずつ食べる
 ミルフィーユを横から見て、左右上下の4ブロックに分け、初めに左上から食べます。フォークが刺さらない場合は、1ブロックをフォークにのせて。次に中央から下まで切り、左下を。その後、右上→右下の順番で食べきります

●きれいな食べ方のコツ◯

 倒して食べる方法もありますが、できれば立てたまま、皿の汚れを最小限に抑えるのが基本です。ブロック分けをして少しずつ食べましょう

▲やってはいけないこと×

 最初から倒して食べると「私はうまく食べられません」というアピールになりますので、まずは立ててトライを。皿にはパイ生地をあまり残さないようにして

【小倉朋子さん】
食の総合コンサルタント。諸外国の食事マナーや文化を伝える『食輝塾』を主宰。作法や伝統色、食育、端文化、トレンドなど多様な視点で、あらゆる「食」を提案。近著に『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社刊)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店刊)ほか

― 食べにくい料理のきれいな食べ方 ―

<イラスト/伊藤美樹 取材・文/田中理恵(BEAM)>

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。


世界一美しい食べ方のマナー

食べ方が変われば、美人に見える。7つの基本と48の実例であなたの食べ方が劇的に変わる。