1. トップ
  2. トレンド

柄違いの折り紙を重ねるだけ!かわいいポチ袋のつくり方

2017.12.26
  • この記事を
    シェア

お正月のお楽しみはたくさんありますが、子どもにとってなによりうれしいのは、やはりお年玉。子どもが喜ぶ姿を見れば、あげる側もうれしくなりますよね。今年はちょっとひと工夫して、お年玉をもっと楽しんでみませんか。「折り紙でつくったポチ袋なら、手軽に世界にひとつだけのものがつくれますよ」と教えてくれたのはフォトスタイリストの貝賀あゆみさん。2枚の柄の組み合わせが楽しめる、折り紙を使ったポチ袋のつくり方を2種類教えてくれました。

重ねて折るだけ!三角形がアクセントのポチ袋

ポチ袋折り紙を2枚一緒に重ねて折っていくだけの、シンプルなポチ袋です。三角形がアクセントになってキュート!

【材料】
折り紙 柄A 1枚、柄B 2枚

【つくり方】

行程1と2(1) 柄Bの折り紙1枚を画像のような4つ折りにして、折りすじをつける。
(2) (1)の裏面と柄Aの裏面同士を重ね合わせて、3方の角を中心に向かって折る。

行程3と4(3) 折らなかった角を上にして、底辺を折り線の交差する中心まで折り、さらに緑の○と水色の○が重なるように折る。
(4) 重ねるとこのようになる。平行になるように注意して折ること。

行程5と6(5) (4)の状態から、左側のはみ出している三角形の角を、右側の辺に合うように折り曲げる。
(6) 上下を逆にして、右側の折り返し部分が左側の上にくるように重ね直す。ここで封筒部分が完成。開いて、中に折ったお札や小銭を入れる。

行程7と8(7) もう1枚別に用意した柄Bの折り紙を、幅1cmほどにカットする。
(8) (7)を封筒本体にぐるっと巻いて、テープやのりでとめたら完成。

ずらした絵柄がアクセント♪着物風おしゃれなポチ袋

ポチ袋B2枚の折り紙をずらして折っていくだけで着物風のおしゃれなポチ袋に♪

【材料】
折り紙 柄A 1枚、柄B 2枚

【つくり方】

行程1~2(1) 柄Bの折り紙1枚を4つ折りにする。さらに左の角と下の角を中心に合わせて折り、折り筋をつける。下に柄Aの折り紙を、画像のように1cmほどずらして重ねる。
(2) 2枚一緒に下の角を折りすじの交差する中心に向かって折る。

行程3~4(3) 右の角を赤い点線(折りすじ)のところまで折る。
(4) 左の角を右に向かって折る。その際に、下部の柄Bがちょうど隠れるように折る。

行程5~6(5) 裏返して、飛び出ている部分を折り込む。
(6) 表に返して上下をひっくり返し、下の部分を青い点線のところで折り返す。ここで封筒部分が完成。中に、折ったお札や小銭を入れ、柄が重なっている方を下にする。

行程7~8(7) もう1枚の柄Bの折り紙を、幅1cmほどにカットする。
(8) (7)を封筒本体にぐるっと巻いて、テープやのりでとめたら完成。

折り紙でつくれる簡単なポチ袋を2種類ご紹介しました。ぜひ試してみてください。

●教えてくれた人
【貝賀あゆみさん】

日本フォトスタイリングアソシエーション認定1級フォトスタイリスト。インテリア、雑貨をすてきに撮影するための講座を開いている。ブログ「暮らしの小さなアイデア帳」を更新中

このライターの記事一覧