中川政七商店、山本仁商店…家事が楽しくなる!おしゃれなふきん3選
  • この記事を
    シェア

2017.12.02

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。

<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

いいふきんを使うと、家事の質も上がる気がします

あまり高価なものを買えない性分の私ですが、リネン類、とりわけふきんは丈夫なものを選んで使うようにしています。人によっては少し高価に感じてしまうかもしれませんが、丈夫なのでとても長もちしますし、ほつれたりすることもありません。もちろん使っていると破れてきますが、そのときは「とうとう破れたか」なんて思うほど長く使えるんです。
また、ひとことにふきんと言っても、ブランドごとに特徴や雰囲気が異なります。いろいろなお店で買って楽んでみてはいかがでしょうか。

●リピート率ナンバーワン!中川政七商店のふきん

まずは、出先にお店があると必ず寄り、ふきんを買って帰っている中川政七商店さん。

中川政七商店のふきんシンプルな縞模様を買うことが多いのですが、限定発売されている柄にもついつい目移り。ドラえもん柄のふきんを買ったときは「とってもかわいい!」とパン教室の生徒さんにも好評でした。汚れてきたふきんは、ぐつぐつと煮沸してお手入れ。ふいたものの色がついてきたら、漂白剤につけてきれいにしています。日々のメンテナンスも長くふきんを使うコツなのかもしれません。

●京都らしい和柄ではんなり気分に。山本仁商店のふきん

山本仁商店のふきんかわいらしいあめちゃん柄のものは、山本仁商店さんのもの。京都にある木版画印刷、竹笹堂さんのデザインだそうです。柄が気に入っているのはもちろん、蚊帳生地を7枚重ねで縫った丈夫さも魅力のひとつ。かわいいだけでなく実用的だなんて、うれしくなってしまいます。

●メッセージを添えてプレゼントにも!キャトルセゾンのふきん

キャトルセゾンのふきんこちらは先日、立ち寄ったキャトルセゾンさんで見つけた、ポスタルふきん。いい意味でふきんらしくない洋風な模様がお気に入りです。

キャトルセゾンのふきんこのふきん、パッケージの裏にメッセージを書けるようになっているのです。さりげない贈り物やお礼に、メッセージを添えて渡すと喜ばれそう。もらっても困らない実用的なものですものね。素敵な柄のふきんをキッチンに取り入れて、小さな気分転換を楽しんでみてはいかがでしょう。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)

大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン

パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。