1. トップ
  2. トレンド

ペーパーナプキンだから失敗なし!プチギフトにおすすめ簡単ラッピング

2017.12.15
  • この記事を
    シェア

色や柄が豊富で、手頃な値段で買えるペーパーナプキン。ついたくさん買ってしまいがちですが、使いきれないなんてことも…。
じつはペーパーナプキンは、食卓を彩るだけでなく、小さい贈り物のラッピングに応用してもぴったりなんです。「包装紙に比べてやわらかく扱いやすいので、シワを気にせず包めて失敗知らず。簡単に華やかにできるのも魅力」と教えてくれたのは、ラッピング講師の宮岡宏会さんです。

ペーパーナプキンでつくる華やかラッピング

ペーパーナプキンでつくる華やかラッピング

クリスマスやお正月など、なにかと贈り物をすることが増えるこの季節。お気に入りのペーパーナプキンで包んだプチギフトは「かわいい!」と喜ばれること必至です。本格的なラッピングほどかしこまらないので、わたす相手に気を使わせないというメリットも。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

【用意するもの】

・ペーパーナプキン(33cm角程度の大きさのもの)…1枚
・ひも(毛糸やリボンなど)…約40cm

中心に包みたい箱を置く(1) ペーパーナプキンを広げて、中心に包みたい箱(今回は8cm角×高さ4cmの箱)を置く。

手前は端を内側に少し折ってから、その上にかぶせる(2) 箱の奥側からペーパーを箱にかぶせ、手前は端を内側に少し折ってから、その上にかぶせる。

ペーパーが重なる部分の中央をマスキングテープなどで留めて固定する(3) ペーパーが重なる部分の中央をマスキングテープなどで留めて固定する。

片側の箱の端を押さえながらペーパーをつまんで持ち上げる。(4) 片側の箱の端を押さえながらペーパーをつまんで持ち上げる。その際、ペーパーが箱の縁に沿うように注意する。

持ち上げたペーパーを箱の上部で絞る(5) 持ち上げたペーパーを箱の上部で絞る。

ひもをかけてちょうちょ結びにする(6) 反対側も(4)と同様につまんで持ち上げて(5)と同様に絞り、箱の中央で合わせる。絞った部分の形を整えたら、ひもをかけてちょうちょ結びにする。

ペーパーナプキンのやわらかな質感が、こなれた雰囲気でおしゃれに仕上がります。遊びに来てくれたお客様へ、余ったおもたせのお菓子を持って帰ってもらったりするときにも使えますね。
かわいい柄のペーパーナプキンを手に入れたら、ぜひ贈り物を包んでみましょう!

●教えてくれた人
【宮岡宏会さん】

「toi et moi代表」、ラッピング講師、ペーパーコーディネーター。ラッピング教室を運営するかたわら、イベント開催、企業でのラッピング講師、ペーパーやパッケージデザインの監修など、教室でのレッスンから包装業務まで幅広く行う。著書に「かわいく包むアイデアラッピング 」(玄光社刊)「大人かわいいラッピング」(主婦と生活社刊)などがある

<撮影/濱松朋子 取材・文/ESSE編集部>

かわいく包むアイデアラッピング


ギフトラッピングコーディネータ−の宮岡宏会さんが教える、 現代感覚あふれる「かわいいラッピングテクニック」の本です。


大人かわいいラッピング


伝統と現代が混じり合った、「和モダン」なテイストのラッピング。