クリームパン、マシュマロ、麦チョコ!冷蔵庫で冷やすとかなりおいしいお菓子たち!
幸栄
2017.07.15
  • この記事を
    シェア

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。
<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

おやつが大好きな私は子どもの頃、なんでも「これ冷やして食べてみたい!」という好奇心から、いろいろなおやつを冷蔵庫や冷凍庫に入れていました。そのたびに母親に小言を言われたような記憶があります…(笑)。というわけで、冷やしてみたらかなりおいしかった!身近な市販のおやつを3つご紹介しますね。

冷蔵庫で冷やすだけで、いつものお菓子が夏仕様に変身!

●薄皮ミニクリームパン

薄皮ミニクリームパン仕事柄、スーパーにある袋パンは食べなさそうと思われるようですが、子どもたちも好きなので、ときどきは買って食べますよ。とくにパン生地が厚すぎずクリームの割合が多めのものは、冷やし向きだな…と感じていて、なかでもおすすめは、ヤマザキの「薄皮クリームパン」。冷やすことでクリームがプルンと、そして生地がぎゅっと締まり食べ応えがアップするのでおすすめです。

冷やしクリームパンそして、この「冷やしクリームパン」はアレンジして食べるのもおすすめ!

おうちにフルーツがある日は、横にスライスして、好きなフルーツをはさんで食べてみてください。甘いクリームに少しの酸味が加わり、とってもリッチな仕上がりに。簡単なのにちょっとしたケーキみたいですよね。

●袋入りチョコマシュマロ

昔からマシュマロが大好きで、チョコレートも大好きなので、初めてチョコレート入りのマシュマロを見つけたときは、本当にうれしくてうれしくて、たくさん買って食べ続けた記憶があります(笑)。そんなチョコマシュマロはパッケージの袋ごと冷蔵庫へ。

袋入りチョコマシュマロ冷やすとマシュマロはきゅっと締まり、チョコレートはしっかり固まって、アイスに近い感じでまた違うおいしさが生まれます。

クリームパン、マシュマロ、麦チョコ!冷蔵庫で冷やすとかなりおいしい!
クリームパン、マシュマロ、麦チョコ!冷蔵庫で冷やすとかなりおいしい!
二女のひなもお気に入りで、先日冷やしたときも「冷たくておいしいね!」とパクパク食べちゃっていました。

●麦チョコ

麦チョコこちらは近所のファミリーマートで見つけた麦チョコ。大麦をポン菓子にしてチョコレートでコーティングした、昔ながらの駄菓子のひとつですよね。麦チョコを冷やすと、外はひんやりカリッと、中はサクサクで食感も楽しくなります。

冷やした麦チョコ冷やした麦チョコは、ヨーグルトと一緒にいただきます。チョコとヨーグルトの酸味が相性いいんです。プレーンなヨーグルトでもいいのですが、イチゴやオレンジなど、フレーバーつきのヨーグルトにも合いますよ。今回は冷蔵庫にあった、パイナップル味のヨーグルトと合わせました。冷たいミルクをかけるのもおいしいかもしれませんね。

冷やすことによって味わいが変わるおやつたち。みなさんのお気に入りの食べ方を見つけてみるのも楽しそうです。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)


大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン


パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり


基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。