100均の防災グッズがここまで進化!旅行や野外キャンプでも応用できます
  • この記事を
    シェア

2017.06.20

100円ショップでどんどん充実してきているのが、防災・防犯グッズです。
お手軽価格なので買い集めやすいのはもちろんのこと、気兼ねなく使えるのがいいところ。せっかくグッズがあっても、もしものときに使い方がわからないようでは本末転倒ですよね。普段から試してみて、使い方に慣れておくと安心ですよ。紹介しているのは、旅行の際も頼れるものばかりですよ!

もしものときに備えて、防災・防犯グッズを日ごろからチェック!

●寒さと雨をしのぐ頼れるポンチョ

寒さと雨をしのぐ頼れるポンチョ被災時の防寒対策に、両手が自由に使える防水ポンチョは有効。保温に優れたアルミ製なので、雨がっぱよりも温かい! フードがついているので髪も濡れずにすみます。

・簡易保温・防水ポンチョ (100×187cm)ダイソー

●停電時も安心の非常用袋

停電時も安心の非常用袋背負って持ち運べるナップザック型。「いかにも」なわかりやすい見た目なので、いざというとき、家族みんなが迷うことなく手に取ることが可能に。反射テープもついているので、停電時の持ち出しの目印にもなります。

・非常用袋(44×33cm)ダイソー

●給水を受け取る際の必需品

給水を受け取る際の必需品ポリタンクのようにかさばらず、コンパクトにたたまれたビニール製の給水バッグ。「断水時に水の配給があっても、受け取るものがない」という事態も、これで備えれば、ひと安心。運びやすいように持ち手もついています。

・NEW 非常用給水バッグ5リットル用 1P(43.5×30cm)セリア

●連続12時間も点火可能

連続12時間も点火可能長時間停電に対応できる災害用キャンドルは、台風で停電になったときなどにも活躍します。低重心のグラスに入っているので転倒しにくく、受け皿も不要なのがうれしい。

・非常用ローソク12時間(口径4.4×高さ5.2cm)セリア

●手動でも点灯できて電池ぎれの心配なし

手動でも点灯できて電池ぎれの心配なし
旅行や野外キャンプでも応用できます
停電時に重宝する、明るいLEDライト。内蔵電池と手動、2とおりの点灯方法があります。手動の場合は、グリップを握ると発電できるので、電池ぎれの心配無用!

・2LED手動発電ライト(2×10×高さ5.5cm)ダイソー

●大きな音の出る笛で助けが呼べる

大きな音の出る笛で助けが呼べる万一とじ込められたときも、笛があれば体力を消耗することなく助けを呼べます。人の声は、ヘリコプターや重機の音でかき消されてしまうのだそう。この笛はかなり大きな音が鳴り、遠くまで聞こえるので、防犯用にお子さんに持たせるのもおすすめ。

・緊急用呼子笛(全長7.5cm)セリア

●災害時こそ着替えて気分転換を

災害時こそ着替えて気分転換を旅行用の使い捨て下着は、避難時にも頼りになります。非常時でも下着交換ができれば気持ちにも余裕が出るので、避難袋に入れておくと安心。5枚で100円と、コスパも満足!

・トラベル・サウナ用使い捨てショーツ女性用 Mサイズ 5枚入(ウエスト85~93cm)ダイソー

●断水時のトイレの悩みを解決

断水時のトイレの悩みを解決災害時に心配なトイレの悩みを解決。便座やバケツに、この袋型の簡易トイレをセットして用をたすと、凝固剤が汚物を固めてくれます。袋の口を縛ればそのまま捨ててOKとお手軽。

・緊急簡易トイレ男女兼用 1回分 キャンドゥ

※紹介したグッズは、仕入れ状況によって同じ商品が店頭にない場合や、すでに販売が終了している可能性もありますので、ご了承ください。また、掲載した商品はすべて108円(税込み)、各商品のサイズは編集部調べで、およその目安です。とくに記載がない場合は、縦×横の順に表記しています

<取材・文/ESSE編集部>