においも煙もなし!流行りの燻製調理が手軽に楽しめる
2016.05.12
  • この記事を
    シェア

 スーパーやコンビニにさまざまな商品が並んだり、専門店ができるなど、今ちょっとしたブームになっている“燻製料理”。パナソニックからは煙やにおいを気にせず、自宅で手軽に楽しめる、燻製調理機能がついたスモーク&ロースター「けむらん亭」が発売され話題になるなど、燻製料理がこれまでより、ぐっと身近になっています。

 今回は、調理の基礎知識から、簡単にできる燻製レシピまで紹介したムック「燻製ライフ」(扶桑社刊)の発売記念イベントを取材。燻製達人たちに、燻製の魅力について聞きました。

出版記念イベントには、燻製の達人が集合

においも煙もなし!流行りの燻製調理が手軽に楽しめる【Sponsored】 東京駅に隣接する商業施設「KITTE」で行われた、「燻製ライフ」発売記念イベントでは、モデルのAYUMIさん(中央)とこれまで数多くの燻製レシピを考案してきた料理研究家の河瀬瑠奈さん(右)、編集人の小林孝延さん(左)が登場。3人それぞれが燻製の魅力や楽しみ方を教えてくれました。

燻製大好きの著名人が語る燻製の魅力とは?

モデルのAYUMIさん AYUMIさんいわく「大変そう、と思われるけど、やってみると意外と簡単!」。普段は、自宅でお子さんたちといっしょに楽しんでいるそう。使う道具も、スモークチップ以外は100円ショップで購入できる鍋、焼き網、アルミホイルだけでOK。

 イベントでは、使わなくなったヤカンを利用してつくった燻製器も紹介されるなど、手軽に始められるのも燻製の魅力と語ってくれました。さらに燻製歴30年の小林さんは「つくるたびに発見があるのも燻製ならでは。燻しすぎて食材が黒くなったりしても、食べてみると意外とおいしい!」というコメントも。

豆腐、バナナも!? 燻製好きが教えるとっておきの燻製食材とは?

 スモークサーモンやベーコンなど定番の燻製料理はもちろん、3人とも、意外な食材も試す価値あり! と口をそろえて言います。AYUMIさんは、ホームパーティのお土産に燻製料理をもっていくと友人からも好評で、おすすめはたくあんを燻製したいぶりがっこやチーズ!と教えてくれました。

豆腐、バナナも!? 燻製好きが教えるとっておきの燻製食材とは? さらに豆腐もおすすめとのことで、子ども達は、燻製したはんぺんが大好きなんだとか。小林さんのとっておきのおすすめ食材はバナナ。温かくとろっとした食感は燻製ならではの楽しみだそうです。「燻製ライフ」ではポテトサラダや、燻製したパン粉を使ったパスタ、燻製した浅漬けや調味料など、多数のレシピを掲載しています。

においや煙がでない専用の調理家電も登場!

においや煙がでない専用の調理家電も登場! イベントでは、河瀬さんがパナソニックの「けむらん亭」を使い、サバの燻製を使ったリエットや、ベーコンの実演調理も実施。河瀬さんが「不安になるくらいにおわない」というほど優れた脱臭機能で、においも煙もまったくなし。使い方もメニューを選んでボタンを押すだけなので、初心者にもおすすめ。気になった方はこの本を片手に、ぜひ挑戦してみて。

<取材・文/ESSE編集部>

燻製ライフ(扶桑社ムック)

今直ぐ始められる燻製のハウツーやレシピをたっぷり紹介するとともに、達人たちが暮らしの中にどのように燻製を取り入れ楽しんでいるかにも密着した新しいライフスタイル提案マガジンです。


パナソニック スモーク&ロースター けむらん亭

業界初の燻製機能を搭載したスモーク&ロースターが新登場。人気の燻製が部屋で手軽につくれます。