1. トップ
  2. トレンド

<山本浩未の宝塚乙女道 vol.22>明日海りおさんたちの花男に酔いしれた!花組全国ツアー

2017.04.18
  • この記事を
    シェア

宝塚歌劇をこよなく愛するヘアメイクアップアーティストの山本浩未です。私、“TAKARZUKA”を知って人生が変わりました! そんなTAKARAZUKAのすばらしさをみなさまにお伝えするべく、観劇の感想や、今後の公演への期待を綴ります。すべては私の妄想、個人的な感想&意見でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
fixyama

vol.22花組全国ツアー『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』

仮面のロマネスク 約1か月にわたって行われた花組の全国ツアーは、新トップコンビ明日海りお・仙名彩世のお披露目公演でもありました。ミュージカル『仮面のロマネスク』は、動乱に揺れる1830年のフランス宮廷が舞台。美貌の青年貴族ヴァルモンと、若き未亡人メルトゥイユ侯爵夫人の冷徹で官能的な大人の恋の駆け引きを華麗に描きだします。

 スパークリング・ショー『EXCITER!!2017』は、愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極にかっこいい場面で構成された、現代的でエネルギッシュなショー作品です。

花組全国ツアーでは、明日海りおさんのかっこよさに酔いしれた…

 男役芸極めた、明日海さん!!トップになってから毎作品ごと、男っぷり増量で唸ってきたけど、相手役とほかが変わっての1年ぶりの再演の「仮面のロマネスク」。

もうホントに女性って事をまったく忘れちゃうくらい濃厚に“男”。素顔はほんわか美人さんなのに完全に“男”!そしてレビューでも、ダンスが得意というわけではなかったはずが軽々と踊って、これまた素晴らしくカッコいい“男”!明日海さんほか、花男に酔いしれたのでした。

【山本浩未】
宝塚をこよなく愛する乙女系ヘアメイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに活躍中。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など連載を持ち、健康的で美しく暮らすライフスタイルが、世代を超えた女性に支持されている。新刊「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)が11月18日に、「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON(おん)顔(がん)」(講談社刊)が11月29日に発売予定。「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の“き”」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには …」(小学館刊)など著書多数

今治美肌タオル付き 洗顔料がいらない洗顔革命!山本浩未のスチームON顔

洗顔料不要、タオル1枚、朝の3分間で湯上がり美肌に!人気ヘア&メイクの山本浩未さんが考案、実践している快感洗顔術を大公開。


おとな美人を作る「メイクの基本」

メイクの仕方がまったくわからない人でも、不器用さんでも、面倒くさがりやさんでもトライできる、生まれながらの美人に見えるナチュラルメイクのコツが満載です。

このライターの記事一覧