お金のことだけじゃない!主婦が得した意外なアルバイト&パートとは?
2017.02.21
  • この記事を
    シェア

 子どもの入学や進学を機にアルバイトやパートを始めたい、と考えている人も多い時期。では、どんな仕事が主婦にとってお得なのでしょうか。

「お得といっても、主婦にとって大切なのは、時給の高さだけではありません。重視してほしいのは、職場の環境。主婦がたくさんいる職場なら、働きやすい傾向があります」と言うのは、主婦向け求人の調査機関、しゅふJOB総研の川上敬太郎さん。

アルバイトをしている主婦

主婦が仕事探しで重視するのは「時間の融通が利くか」「時給のよさ」「成長できそうか」

 ESSEでは、20~50代の既婚女性300人にアルバイト・パートに関するアンケートを実施。集計の結果、主婦が仕事探しでもっとも重要したことは「時間の融通が利くか」どうか、でした。ちなみに、2位は「時給のよさ」、3位は「(自分)が成長できそうか」。

「勤務時間の調整が利きやすいか、子どもの急病時などに休みがとれるかなどは、まさに職場の環境によりますね。時間的に無理のある職場で働いては、長く続けるのは難しいので要注意です。また、スキルが身につきキャリアアップできそうかなど、仕事内容を吟味してみるといいですよ。自分が重視したい条件がなにかを見極め、満足度の高い“お得”な仕事を見つけてくださいね」(川上さん)

 お金だけではなくて、さまざまな視点も考慮に入れてみると、じつはお得な仕事は意外なところにあるのかもしれません。そこで、今回は、読者が体験した、お得なアルバイト&パートをコメントつきでいくつか紹介します。

●【小論文の添削】自宅で好きな時間に取り組める

 高校生の小論文を読み、マニュアルに従って、在宅で添削します。文章を読み取る力や、読みやすい字をかけることが必要。「高校生の小論文を添削する仕事は、隙間時間にできるし、慣れると1時間に2枚のペースで、時給換算すると900円と高め。文章を読んだり書くのが好きなので楽しんでできました」(群馬県・38歳)

●【ドラッグストア】日用品からブランド化粧品まですべて従業員割引で買える

 レジ打ちや品出しなどが業務の中心。登録販売者の資格があれば医薬品の販売も。「健康情報やグッズに目がないので、ドラッグストアのバイトに迷わず応募しました。働いてみたらあらゆるものが割引で購入でき、値段のはるブランド化粧品も安くゲット!」(神奈川県・38歳)

●【日本料理店】魚のさばき方や着つけのスキルがついた

 飲食店のホールスタッフとして接客、レジ打ちをするほか、厨房を調理を手伝うことも。「いろいろな飲食店でアルバイトをしましたが、もっとも満足度が高かったのが日本料理店。板前の技を見て覚え、魚を丸ごとさばけるようになりました。店では着物を着ていたので、今では着つけも自分でできます」

●【電気の検針】自家用車で回るので自動車手当が出る

 クルマを運転して家庭を回り、電気メーターの使用料をチェックします。運転免許は必須。手当の内容、自家用車か社用車かは地域で異なる場合も。「担当地区の電気メーターを検針。クルマの保険代が1日523円、ガソリン代も1km走行すると26~30円出るので、手当だけでも年間で総額30万円にもなります」(北海道・41歳)

●【葬儀司会】重要な役割なので高時給

 葬儀の進行、読み上げ原稿の作成をする仕事です。葬儀専門の派遣会社に登録し、研修を受ける必要があります。「葬儀司会で故人のDVDのナレーションなどを担当。3000円と高時給ですが、式の前にご遺族や住職と打ち合わせし、葬儀を厳粛に進行させる責任の重い仕事です」(群馬県・38歳)

●【スポーツクラブ】退勤後は施設を自由に使ってOK

 業務は受付、清掃などになります。早朝から営業している場合も多く、シフト制で働ける場合が多いよう。「4年間アルバイトをしたスポーツクラブのフロント業務は、勤務を終えたあとは施設を使い放題。時給は850円でしたが、会員料金を考えるとすごくお得でした」(奈良県・38歳)

●【イベントでの着ぐるみ着用】普段見られないステージやテレビの裏側をのぞける

 着ぐるみを着用し、イベントやステージショーに出演。暑さや着ぐるみの重さに耐える体力が必要です。「着ぐるみを着用し、ステージショーに出演するほか、テレビに出ることも。普段目にできない業界の裏側を見られるのは貴重で、収入以上に楽しい経験ができます」(奈良県・38歳)

 お金はもちろんですが、職場の雰囲気、やりがいなども考慮しながらアルバイトは選びたいもの。経験者に声に耳を傾ければ、その情報はきっと役に立ちます。ESSE3月号でも、さまざまな業種の仕事を紹介しているので、これから仕事を始めたい人、転職したいと考えている人はチェックしてみてはいかがでしょう。

<イラスト/根岸美帆>

ESSE(エッセ)2017年3月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村文乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!