【from シアトル】とろとろポカポカ!ホットチョコレートは家庭で簡単にできます
2017.02.10

 アメリカ・シアトルに住んで十数年。エディター&ライターとして活躍するNorikoさんが、現地で話題のフードやライフスタイルにまつわる情報をレポート。今回は、寒い日が続くシアトルのカフェで、ほっこり体が温まる人気ドリンク、ホットチョコレートをご紹介。もうすぐバレンタインを迎えるこの時季にもぴったりです。意外によく知らなかった、ホットチョコレートについて学んでみましょう。

ホットチョコレート

シアトルでは、ココアではなくてホットチョコレートを飲む

 日本の冬の定番ドリンクに、ホットココアがありますよね。粉末をお湯で溶かして飲むミルクココアは、小さいころから慣れ親しんだ味です。そのため、私がアメリカに来てからカフェで見かけた「ホットチョコレート」というメニューは謎の存在でした。「これって、日本でいうところのココアなの?」と…。

 でも、実際にカフェでホットチョコレートをつくっているところを観察してみると、ココア粉末ではなく、「チョコレート」を溶かしてるんですよね。たまに溶けきっていないのもご愛敬。とろとろのチョコレートとミルクの組み合わせは濃厚で、体が温まると同時に幸せな気分に浸れます。

※シアトルのカフェ「Chocolati」では、自家製チョコレートをスチーマーとミックスしたホットチョコレートを提供しています

ホットチョコレートは家庭でも簡単につくれます

市販の板チョコレートと牛乳で、ホットチョコレートが簡単につくれます。 家庭でも市販の板チョコレートと牛乳で、ホットチョコレートが簡単につくれます。以下、レシピを紹介しましょう。

[材料]

・牛乳 1カップ
・板チョコレート 1/2枚
・生クリーム 適量(なくても可)

[つくり方]

(1) 牛乳と砕いたチョコレートを鍋に入れ、10分くらい中火にかける。

(2) へらなどで軽くかくはんし、チョコレートが溶けたら、カップに注ぐ。お好みで、生クリームをそのまま、またはホイップして入れたらでき上がり。

お好みで、生クリームをそのまま、またはホイップして入れたらでき上がり。 私は生クリーム入りのホットチョコレートが好きで、カフェで注文するときも必ずたっぷりと入れてもらうのですが、生クリームではなくマシュマロを浮かべてもすてきです。子ども向けには、カラースプレーチョコを散らすこともあります。

 板チョコレートは個人の好みなのでなんでもよいですが、カカオの含有率60~70%くらいのものがホットチョコレートによく使われているようです。あっさりした味が好みなら、チョコレートの量を減らしたり、カカオ含有量高め、砂糖少なめのチョコレートを使ったりしてみてください。

 この冬、シアトルではめずらしく雪が何度も降り、寒い思いをしています。体をホカホカと温めてくれるホットチョコレートは、寒い中で勉強に励む受験生の味方になってくれるでしょう。

●教えてくれた人
【Norikoさん】

アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する。著書に『アメリカ西海岸ママ~日本とは少し違うかもしれない、はじめての妊娠&出産~』(海外書き人クラブ刊)

このライターの記事一覧