【from シアトル】バレンタインのデコレーションにも!アメリカで流行のカップケーキートッパーとは?
  • この記事を
    シェア

2017.02.05

 アメリカ・シアトルに住んで十数年。エディター&ライターとして活躍するNorikoさんに、現地で話題のフードやライフスタイルにまつわる情報を届けていただきます。今回は、アメリカでお祝いやギフトに欠かせない、バレンタインにも使えるハートをモチーフにしたデコアイテムをご紹介!

お祝いのパーティにはカップケーキ!がただ今流行
(C)GlitterandFrills(https://www.flickr.com/photos/stampinmom/)

お祝いのパーティにはカップケーキ!がただ今流行

お祝いのパーティにはカップケーキ!がただ今流行
(C)F_A(https://www.flickr.com/photos/seelensturm/)
 アメリカでは誕生日や結婚記念日などのアニバーサリー、ウエディングはもちろん、ベビーシャワー(出産前祝い)、ブライダルシャワー(結婚前祝い)、バチェラレットパーティ(結婚前女子会)など、たくさんのお祝いのパーティがあります。

お祝いのパーティにはカップケーキ!がただ今流行 そうした場を盛り上げるおしゃれなスイーツとして、トレンドに躍り出たのがカップケーキ。最近のグルメカップケーキはおいしくて見た目もかわいく、切ったり取り分けたりと手間がかかるデコレーションケーキより、準備をする側もゲストもラクちんなんです。

 そんなカップケーキ人気を後押しするのが、「カップケーキトッパー」。これはカップケーキの上の飾りのことで、パーティの趣旨に合うデザインや文字が入ったカップケーキトッパーをひとつ添えるだけで、一気に特別感やおもてなし感が演出できます。

「カップケーキトッパー」はバレンタインにも活躍!

「カップケーキトッパー」はバレンタインにも活躍!
(C)F_A(https://www.flickr.com/photos/seelensturm/)
 市販品も多くありますが、手づくりするのも簡単! 楊枝や竹串の持ち手側を隠すように、紙を両面はり合わせるだけで完成します。紙は色画用紙でも、ステキな模様入りの折り紙でも、なんでもOK。インターネットで検索(たとえば、cupcake topper downloadなどで)すれば、プリンターで印刷して使えるカップケーキトッパー用素材が有料版も無料版もごろごろ出てきます。子ども向けのキャラクターものも豊富で、私も息子が誕生日を迎えるたびに利用させてもらっています!

「カップケーキトッパー」はバレンタインにも活躍!
(C)Meaghan O’Malley(https://www.flickr.com/photos/ohmeaghan/)
 今年のバレンタインデーギフトに手づくりチョコスイーツを考えているという方は、試してみては。バレンタインらしく、ハートをモチーフにデザインされたカップケーキトッパーはいかがですか?ストーンやラメ粉、金属紙で盛ってキラキラ感を出したり、ラッピングもおそろいでつくったりと、手づくりならアレンジ自在。紙ではなく、フェルトなど変わった素材を使ってもいいですね!

 ちなみに材料は、日本であれば100均ショップでそろうものばかりというのも、節約派にはうれしい限り。いろいろ楽しんでみてはいかがでしょう。

●教えてくれた人
【Norikoさん】
アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する。著書に『アメリカ西海岸ママ~日本とは少し違うかもしれない、はじめての妊娠&出産~』(海外書き人クラブ刊)