チョコとリンゴのしっとりバターケーキ。バレンタインに!初心者でも簡単!
2017.01.29
  • この記事を
    シェア

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。
<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

 ちょっと疲れたとき、おいしい甘いお菓子があると、気持ちもやわらいでほっとできますよね。今回は、お菓子づくり初心者の方でも簡単につくれる、チョコレートとリンゴを使ったバターケーキレシピをご紹介します。バレンタインデーのプレゼントにもぴったりですよ。

難しいテクニックは一切不要!しっとりおいしい「チョコとリンゴのバターケーキ」のつくり方

01 チョコレートはスーパーなどに売っている、ごくごく普通の板チョコを使います。ビターでもミルクでも、お好みのものを選んでくださいね。ちなみに私はビターチョコを使いました。

[材料](21×16.5cmのバット1台分)

・板チョコレート 1枚
・リンゴ 1/2個分
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 2g
・卵 2個
・きび砂糖 大さじ6
・バター(あれば食塩不使用・湯せんで溶かす) 60g
・ホールアーモンド 適量

[つくり方]

(1)板チョコは、手で小さく割ります。

02(2)リンゴは皮をむき、4つにくし切り。さらにそれを6つに切ります。

03(3)薄力粉とベーキングパウダ-は泡立て器でよく混ぜ合わせておきます。しっかりと混ぜておけば、ふるわなくても大丈夫。

04

(4)ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で溶いたら、きび砂糖を3回に分けて混ぜ入れます。その後同様にバターを3回に分けて入れてしっかり混ぜ合わせます。

05(5) (4)のボウルに、(3)のミックスパウダーを一気に入れて、泡立て器でぐるぐると混ぜます。さっくりと混ぜ合わせなければいけないと思う方も多いかもしれませんが、ここはよく混ぜ合わせて大丈夫です。

06(6) (5)にチョコレートとリンゴを入れてゴムベラで混ぜます。

07(6)クッキングシートを敷いたバットに生地を入れ、その上にアーモンドをのせます。200℃に余熱したオーブンで25~30分程度焼きます。ガスオーブンの場合は10℃くらい下げたほうがよさそうです。私が使っているバットは、野田琺瑯のキャビネサイズ。

08というわけで、こんがり焼き上がりがこちら。

09 ん~いい香り。焼きたてもおいしいですが、しっかり冷ましていただく方が私は好みです。ラップなどをふんわりかけて冷ましてくださいね。

 アーモンドを少し飾っただけで、表情がすてきになりますよね。スライスアーモンドをたっぷりと入れてもかわいいと思いますよ。寒い寒いこの季節。おいしいバターケーキが焼ける香りを楽しみながら、おうちでの暖かな時間を楽しんでください。

●おまけ

 ちなみにこのバターケーキ、具材を変えていろんなアレンジが可能。たとえば、チョコとアーモンドを黒豆に変えただけの「黒豆とリンゴのバターケーキ」は、和洋折衷なやさしい味。お好みでさまざまな味を試せますよ。

10【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)

大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン

パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。

このライターの記事一覧