子育てママに知ってほしい!自分の隠れた才能を仕事にする方法
2016.12.04
  • この記事を
    シェア

 子育てしながら家で仕事ができたらいいな、自分の特技を生かして仕事ができればいいな、と思うことはありませんか?

 私は小さなこどもが3人いることもあり、どうしても家で子育てをしながら仕事がしたいという思いが強くありました。私にできることってなんだろうと模索し、消しゴムはんこやハンドメイド、イラストなどにも挑戦しましたが、しっくりきませんでした。自宅ショップの参考本を何冊も買って、試そうとしたこともありましたが、育児の合間に梱包、発送、お問い合わせなどの作業は難しいので断念…。
在宅でできる、ではなく、「特技を生かす」「興味がある」で仕事選びを

在宅でできる、ではなく、「特技を生かす」「興味がある」で仕事選びを

 そこで、自分の特技や才能などについて、改めて考えてみることにしました。そもそも、誰しも、それぞれに「才能やセンス」もっているはずなのです!そしてその才能が仕事になれば、こんなうれしいことはありませんよね。私は「書く」という特技があることに思い当りました。そして今、「書く」という特技を生かして、節約ブログを中心にパソコンを使ったお仕事をしています。

 では、どうやったら、隠れた、もしくは、気づきにくい自分の特技を見つけることができるのか?その特技にあった仕事の探し方は?私なりに見つけた方法を紹介しましょう!

1.過去にほめられたことなどを書きだしてみる

 自分の特技や興味を見つけるには、過去の経験を振り返ってみることが大切です。まずは、以下の項目をノートに書き出してみてください。このとき興味も一緒に見つける必要があるのは、持続できる仕事を見つける必要があるからです。

過去にほめられたことなどを書きだしてみる・ほめられたこと
・頼まれたこと
・この話になると止まらなくなるね!と言われたこと
・賞など評価されたこと
・家にある本のジャンル
・価値を感じること
・夢中になったもの

 ここまで書くと、自分の個性がわかってきます。私の特技ってなにかな?と身近な人に聞いてみるのも手ですよ。私の場合は、すごいブロガーさんのことを話し出すと止まらなくなり、夢中になったのもブログ。小さい頃から読書が好きで、人権作文で賞をいただいたな~ということも思い出し、「書く」ことが私に合っているんだ!という気づきにつながりました。

2.「書きだしたワード&仕事」で検索してみる

「書きだしたワード&仕事」で検索してみる 好きなことがわかってきたら、今度は先ほどノートに書きだしたワード&仕事で検索してみましょう。私の場合、頼まれたことが「調べもの」だったので、「調べもの 仕事」で検索すると、調査員や探偵といった職業が出てきます。ノートに書いた各項目ごとにどんどん検索し、先ほど書いたのとは違う色で追記してみてください。私はここで出てきた「ブロガー」、「節約アドバイザー」、「ライター」といったワードが、今の節約ブロガーという仕事に繋がっています。

 1つ1つは飛びぬけた才能ではなくても、組み合わせることで、オンリーワンな才能が目覚めるかもしれません!遠回りしても自分にぴったり合う仕事がきっとあるはずです。自分の才能・特技を活かして、まずはおこづかい稼ぎから始めてみるのはいかがでしょう。

【ライター・hana】
石川県在住、30歳。夫(30歳)、長女(3歳)、長男(1歳)、二女(0歳)の5人家族。節約ブログ「ずぼら節約主婦ドットコム|hanaのお金ブログ」(http://zuborasyuhu.com/wp/)を運営