1. トップ
  2. トレンド

16歳で妊娠と出産。女子高生でママでモデルの重川茉弥さんが当時を振り返って

ESSEonline編集部
2021.07.12

16歳だった2020年のときに、第一子を妊娠した高校生モデルの“まやりん”こと重川茉弥さん。ご両親や周りのサポートを受けながら結婚して出産し、今は育児に奮闘しながら高校3年生となり、最後の学生生活を送っています。

高校生で1児のママ。重川茉弥さんが16歳での妊娠発覚を振り返って

黄色バックに重川茉弥さん
重川茉弥さん

元々Abema TVの恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました。‐ハワイ編』で、夫である、“しゅんくん”ことまえだしゅんさんと出会った重川さん。番組で交際をスタートさせてから半年後に妊娠が発覚。今にいたります。
7月7日には、自身初のスタイルブック『とくべつないつも』(扶桑社刊)が発売。本書には17歳の一瞬残るあどけなさと、ママの姿がつまっています。

ESSE読者の皆さんのなかには、高校生のお子さんがいらっしゃる方もいるかもしれません。若さと勢いあふれる10代でママになる決断をした重川さんに、その覚悟や出産時のことについてお話を聞きました。

●16歳で妊娠発覚!そのとき混乱のなかで思ったこと

手を合わせる女性恋愛リアリティーショーで好きな人と出会い、そしてつき合うなかで予定していなかった妊娠が発覚した重川さん。当時の妊娠発表をニュースで見かけた人もいたかもしれません。
16歳と17歳が交際半年で授かり婚(年齢の関係で実際にはまだ未入籍)。センセーショナルな見出しが独り歩きし、当時重川さんには多くの批判の声が集まりました。ただ、批判の声のダメージよりも、当時は目の前のでき事にいっぱいいっぱいだったようです。

「妊娠は本当に自分も想定外でした。当時生理が来てないことを事務所の先輩に相談をしたら、検査することを進めてもらい妊娠が発覚しました。いちばん最初の気持ちは『どうしたらいいんだろう』ですね。学校も行っていましたし、仕事もしていました。なにをどうしたらいいのか、どうしたら周りに迷惑をかけないか、そればかり考えてパニックになりかけてしまい、まずはマネージャーさんに電話をしました」

先輩、マネージャー、そして3番目に夫であるまえださんに報告し、次に母親へと相談していった重川さん。当時まえださんも高校生ということで、かなり混乱したのかと思いきや、意外にも冷静に重川さんを受けとめてくれたといいます。

「しゅんくんは私の話を冷静に聞いていました。『そっか』って感じで取り乱したりもせず、『まやはどうしたいの?』ってスタンスで聞いてくれたので、私も一時的に落ち着けました。ただ答えはその電話ではもちろん出せなくて、2週間くらい迷いましたね。答えは『産みたい』です。覚悟したときは、もう周りが反対してもしゅんくんが逃げても、絶対この子を産もう! 一人でも育てていこう! って決意していました。その気持ちをママに泣きながら伝えて、そしてしゅんくんにも伝えました」

まえださんは元々「産むだろうな」という予想をしていたそうで、すでに次の話し合いの際には覚悟が決まっていたといいます。こうして2人だけでなく、両方の親を交えての結婚と出産へ向けた準備が進んでいきました。

1 2

とくべつないつも

2020年7月9日17:36赤ちゃんを出産しママになった当時高校2年生、まやりんこと重川茉弥。

購入

あの日、好きになって 470日~恋愛リアリティーショーのその後の話

Abema TVの超人気恋愛リアリティショーから生まれた、カリスマ的人気をほこる女子高生、重川茉弥。

購入
  • この記事を
    シェア