1. トップ
  2. トレンド

“推し活”で若返る!毎日がポジティブになる一方で困ったことも

磯 由利子
2021.05.05

みなさん「推し(=他人に薦めたいほど好きな人や作品)」はいますか? 芥川賞でも『推し、燃ゆ』が選ばれるなど、「推し」という言葉が身近になってきました。

ステイホーム中も多くの人の心の支えになった「推し」の存在ですが、「推し」がいるとどんなよいことや困ることがあるのか、ESSE読者の「推し」あるあるエピソードをピックアップしてご紹介します。

テレビの前に女性
読者が実感する“推し活”のメリット、デメリットを紹介!(※写真はイメージです)

吉沢亮、JO1、人気YouTuber…みんなの「推し」を大発表!

ESSE読者約300人に、「推し」についてのアンケートをとったところ、約半数が「推しがいる!」とのこと。その一部を熱いコメントとともにご紹介します。

「『キングダム』を見て以来、吉沢亮さんにハマってます。あんなに美しい顔立ちの人、いないと思います」(群馬県・42歳・アルバイト)

「中村倫也さんが好きです。朝ドラの前にも、いろんなドラマやCMに出ていて、まさにカメレオン俳優。アラジンの歌声もとてもすてきだなと思いました」(福島県・38歳・主婦)

「関ジャニ∞の丸山隆平さん。友達のつき添いで初めてライブに行ってから、ハマってしまった」(愛知県・32歳・公務員)

「佐々木希さん。かわいくて美しくて強い女性なので。インスタなどを見て癒やされています」(神奈川県・31歳・公務員)

「JO1の豆原一成さん。オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の初回、岡山の田舎の純朴高校生だった豆ちゃんがミッションをこなすごとに驚くほど成長し覚醒する姿。そして1位でデビューした現在も見るたびにあか抜けて、かわくてカッコよくて目が離せない」(兵庫県・42歳・主婦)

「エクササイズ動画が人気の竹脇まりなさん! 自粛太り解消のため、ダンスを探していたら、宅トレに出会いました。かわいいし、性格もすてき!」(東京都・36歳・主婦)

ほかに俳優では磯村勇斗さん、松下洸平さん、綾瀬はるかさん、お笑い芸人ではシソンヌ、かが屋、ミュージシャンではゆず、星野源さん、official髭男dismなど、幅広いジャンルに「推し」が存在しています。

それでは「推しがいてよかった」と感じることをご紹介します。

●「推し」がいると、毎日ポジティブにがんばれる!

洗濯カゴを持つ女性
(※写真はイメージです)

まず「推し」がいてよいことは、毎日が楽しくがんばれること。仕事や家事で単調になりがちな日々も、テレビやインスタなどで「推し」が努力する姿、かっこいい姿に刺激を受けることで、「今日もがんばろう」「チャレンジしてみよう」と前向きな気持ちで過ごせるようです。

「NiziUのマコちゃん。コロナ自粛中、Huluでオーディションをずっと観ていて、マコちゃんのダンスとリーダーシップに娘と一緒にときめきっぱなしです! 彼らもがんばっているので、“自分もがんばろう”と謎の力が湧いてきます」(青森県・35歳・自営業)

「韓国俳優のイ・ジョンソク。自粛中に韓流ドラマ(『ロマンスは別冊付録』)を見てはまりました。長身でかっこいいです! 韓流ドラマをたくさん見るようになったことで、何となく韓国語が理解できるようになって、勉強したいと思うように。韓国料理をつくることが増えました」(神奈川県・40歳・自営業)

「福山雅治さんを推して28年余り。福山さんのラジオをタイムフリーで聴きながら家事をすると、料理や掃除が楽しくできます」(大分県・47歳・主婦)

●「推し」は最高の美容液。心がときめき若さをキープ!

鏡の前に女性
(※写真はイメージです)

いくつになっても「好きな人」がいると生活にはりがでて、キュンとした気持ちになるもの。「推し」は、いつでも自分の好きなときにその姿を見て、声を聞けて心がときめくので、美容効果も抜群です。

「ジェネレーションズの片寄涼太くん。ドラマで見てかっこよくて、ピアノも弾けてすてきです。ライブも行っちゃいました。楽しみが増えて、気持ちが若返ったような気がします(笑)」(愛知県・39歳・主婦)

「モデルの鈴木愛理さんが好きで、笑顔が素敵で、写真を見ると元気になります! インスタでかわいい写真をみると、オシャレになりたいという気持ちが湧いてモチベーションアップにつながっています」(東京都・31歳・会社員)

●友人と家族と、そして世代を超えて「推し」話で盛り上がる

テーブルに女性3人
(※写真はイメージです)

「推し」が同じ人とは、年代や環境が違っても同じ話題で盛り上がり、友達になれるのもいいところ。家族みんなで応援したり、コンサートに行くために職場の人間関係を日頃からよくしておくという涙ぐましい努力の声も…。

「シンガーソングライターの平井大ちゃん! ハワイアンな雰囲気が大好きで、家で楽しく聴くようになり、キャンプなどでもかけていたら、家族も大好きになり、ライブにも行くように。笑顔がすてきで、のんびりした雰囲気が見ていてこっちまで幸せになります」(大阪府・37歳・主婦)

「BTS。娘が好きで車の中でずっとかかっていて、ほぼ全曲覚えたら、やっぱり私も好きになっていました。一人一人の個性も好きです。おかげで小学生や中学生の女の子と話が合うようになりました」(千葉県・44歳・自営業)

「嵐は15年以上大好きなアイドルで、櫻井翔くん推し。コンサートに行くためには仕事のスケジュールを調整が必要なので、上司や同僚と普段から信頼関係を築き、コンサートへ胸を張って行ける環境づくりに励んでいました」(広島県・28歳・会社員)

1 2
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】