面倒な「洗濯」「たたむ」「しまう」から解放!ふきんはペーパータオルで代用できます
2016.10.21
  • この記事を
    シェア

こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。
若松美穂のおいしい生活

 皆さんはふきんは好きですか?私にはふきんへのこだわりがいくつかあって、[1]吸水性のいいものが好き [2]ふきん自体をマメに変え、清潔を大切にしたい [3]マメに変えたいと言いつつ、洗濯物が増えるのは困りもの [4]台ふきんを常時キッチンに置くのはできれば避けたい…  

食器拭き用のふきんは、ペーパータオルで代用できる

 食洗機って、乾燥機能を使っても、置き方の問題なのかお椀の裏とか、少し水滴が残ってしまいますよね。それを拭くのに、今まではふきんを使っていたのですが、兄嫁がペーパータオルで茶碗を拭いているのを見て、そっか~!と。たいした水滴ではないので、1枚でしっかり拭くことができます。

食器拭き用のふきんは、ペーパータオルで代用できる 食洗機に入らないフライパンや炊飯器の内釜、お鍋などは、お湯で最後にさっと流すと、蒸発が早いので乾きやすく、ペーパータオルで十分。

お湯で最後にさっと流す 寝る前に飲んだグラスや、夜洗ったダンナひとり分の食器類も、すぐには拭かず、翌朝起きてから片づけるようにすれば、あらかた乾いていて、ペーパータオルですんでしまいます。

ペーパータオル ペーパータオルに替えることで、洗濯、たたむ、しまう作業がたとえ数枚だったとしても減るので、ラクちんだと感じます。こうなると、台ふきんもなんとかしたい!

台ふきんには「洗えるペーパータオル」を

 スーパーで発見した「洗えるペーパータオル」。濡らして、軽い力でしっかり絞ることができるので、私はこのタイプが好きかも。1回使っただけでぱっぱと使い捨てるのはさすがに気が引ける…という人におすすめです。

・スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル プリント52C 1ロール・52カット 日本製紙クレシア

洗えるペーパータオル 模様もついていてかわいいのですが、価格はシンプルなタイプの倍以上(汗)。ちなみに私が買ったときには378円、ネット上では320円でした。

洗えるペーパータオル 小さなお子さんがいらっしゃる方なら、ランチョンマット代わりに使ってもいいかもしれませんね。吸水性が高いので、食べこぼしてもふきんいらずです。

ランチョンマットがわり 朝昼晩の食事どきに使って、最後にコンロやレンジ、水回りなどを拭いてからゴミ箱へポイ。1日1枚を使い倒して、さらに掃除に再利用することで、ものの命をまっとうできた気がします。吸水性がいい、マメに変えて清潔、洗濯物が減る…3拍子揃ったペーパータオル使いです。

【若松美穂(わかまつみほ)】
1972年、宮城県生まれ。お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され、人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。気持ちによりそった提案が主婦の熱烈な支持を得ている。「ペンギンのお茶会」「心を癒す講座」は、全国各地で実施され、リピーターとなるファンもいるほど。著書に「カリスマ節約主婦・若松美穂の暮らし上手の小さなヒント」「私と家族のしあわせ時間」(ともに扶桑社刊)など。 夫と、大学生、高校生の娘、母親の5人家族。埼玉県在住。
▼Instagram https://www.instagram.com/m_wakachin8/

主婦が幸せになる53の方法

平凡な日々こそ、愛おしい。カリスマ主婦ブロガーが綴る家族を愛し、自分を愛するための53のヒント。


主婦が幸せになる60の方法

「今の私ってこれでいいの?」「主婦の私にできることなんてない…」そんな迷いや不安を抱いている女性たちに贈る等身大エッセイ。「幸せって特別なものじゃない!」「平凡な日々こそ、愛おしい」―暮らしの中で、そう気づかせてくれる60のヒント。家族を愛し、自分を愛するための大切な心のバイブル。

このライターの記事一覧