アメリカで大ブームのファーマーズマーケット・スタイル! 切って混ぜるだけのパーティサラダで旬のハーブと野菜を大量消費
2016.09.29

 アメリカ・シアトルに住んで十数年。子育てに奮闘するライターのNorikoさんに、現地で話題のフードやライフスタイルを紹介してもらいます。今回は、アメリカでブームとなっているファーマーズマーケットで見つけた、ハーブたっぷりのオシャレなサラダ!

アメリカでは空前のオーガニックブーム

空前のオーガニックブーム 都市部を中心に、レストランもスーパーマーケットもオーガニック尽くしのアメリカ。ここシアトルでも、オーガニック農家がずらりと出店するファーマーズマーケット(農家直売市場)が大人気です。我が家の近所の公園にも週に1度市が立つので、息子と散歩がてら寄るのが習慣になっています。

 この前はちょうど地元の食材を使った料理のデモンストレーションが行われていました。そこで紹介していたハーブ入りサラダがとてもおいしくて、私も早速アレンジしてつくってみました!

オーガニック野菜に加え、庭先で持て余していたハーブを大量投入!

庭先で持て余していたハーブを大量投入! ハーブは、庭先で育てていたミントと青ジソの葉を使うことに。じつは、さまざまなハーブをたくさん使えるというのが、このサラダに興味を持ったいちばんの理由。ハーブって育てやすいのはいいけれど、意外と使い道に困るんですよね。

切って混ぜるだけなのにおいしくてオシャレ!

 それでは、レシピを紹介しましょう。チーズを添えるのがオシャレなポイントで、彩りもきれい! 女子会などのパーティでふるまうのにもぴったりです。

[材料](4~6人分)

・トウモロコシ(ゆでて粒のみ使用) 2本
・トマト(ヘタを除いて約1.5センチ角に切る) 2個
・ミント(葉のみ細かくちぎるか刻む) 1/2カップ
・青ジソ、バジル、ローズマリー、セージなど好みのハーブ(葉のみ細かくちぎるか刻む) 1/3カップ ※乾燥ハーブ各少しで代用可
・オリーブオイル 大さじ2
・塩、コショウ 各少し
・好みのフレッシュチーズまたはクリームタイプのチーズ 適量(なくても可)

[つくり方]

(1)チーズ以外の材料をすべてボウルで混ぜ合わせる。

ボウルで混ぜ合わせる。(2)皿に取り分けて、チーズを添える。

チーズを添える。 ミント多めで、心地のいい清涼感! チーズの塩気や濃厚さもいいアクセントに。我が家ではゴートチーズを使いましたが、カッテージチーズやモッツアレラチーズ、クリームチーズなども合いそう。日本のスーパーマーケットで売っているクリームタイプのチーズで代用できます。チーズなしでも、野菜やハーブ本来の味わいをより楽しめるひと皿に。ぜひお試しください。

【Noriko】
アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する

このライターの記事一覧