1. トップ
  2. トレンド

30秒でしゃれ見え!今年らしい大判ストールの巻き方を教えます!

2017.11.17
  • この記事を
    シェア

秋冬のおしゃれに欠かせないストール。ここ数年は大判のタイプが人気です。大判ストールは面積が大きいため、巻き方を工夫するだけで、いつものファッションがワンランクアップするんです。「いつも同じ巻き方になってしまう」と悩むESSE読者が、女性ファッション誌で活躍中のスタイリスト・吉村友希さんに大判ストールの簡単な巻き方を教えてもらいました。

ニットの質感たっぷり!着こなしのアクセントに

ストールのおしゃれな巻き方、1つ目はこちら。シンプルな無地の服にニュアンスが加わるふわっと巻きです。

●慣れれば簡単!おしゃれ上級者になれます

ニットの質感たっぷり!着こなしのアクセントに「長方形のストールを半分に折って使うことで厚みが出て、ニット素材のふんわり&ボリューム感が増します」(吉村さん)。「肩を包み込むように巻くだけなので、簡単です」(ESSE読者)。細身の服に合わせ、首元にゆとりをもたせるのがコツです。次に、巻き方を解説します。

●(1)長さを半分に折り、対角線上で半分に折る

ニットの質感たっぷり!着こなしのアクセントにストールを両手で持ち、長辺を2つに折ります。その状態で、対角線上に半分に折ります。先の部分が重ならないようずらして無造作感を出すのがポイント。

●(2)左右の端と端をかた結びし、結び目が首の後ろにくるように回す

ニットの質感たっぷり!着こなしのアクセントにそのままふんわりと肩をおおうようにかけます。ストールの左右の端と端をかた結びし、結び目が首の後ろにくるように回します。輪からシャツの衿を出し、形を整えて完成!

重心を上にもってくる今年のトレンドスタイル

さらに、今年らしく仕上げるにはこちらの巻き方を試してみてください。首元がモコモコしてかわいい、今年らしいストールスタイルです。

●この巻き方をマスターすれば今年は大丈夫!

重心を上にもってくる今年のトレンドスタイル「ストールをスヌード風に巻いて、重心を上にもってくるのが最近の流行です」(吉村さん)。ストールを2、3周巻きつけるとボリューミーでかわいらしい印象に。あごとストールの間には握りこぶし1個分の余裕をもたせて。「ラフに巻いてもキマるので、重宝しそう!」(ESSE読者)

●巻き方はこちら。薄手のストールで試してみて!

重心を上にもってくる今年のトレンドスタイル左手でストールの角を持ち、右手で首に2回巻きつけます。左右の端と端をかた結びにして結び目を輪で隠し、そのまま後ろに回します。形を整えればでき上がりです。

今回ご紹介した巻き方は、ニット素材などのストールにおすすめ。やわらかくおしゃれに仕上がります。

●教えてくれた人
【吉村友希さん】

女性誌を中心にさまざまなメディアで活躍するスタイリスト。シンプルで上品なコーデが大人女子に人気です。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>