1. トップ
  2. トレンド

チロルチョコの限定・桜もち味。お花見代わりに春を満喫

2020.04.05
  • この記事を
    シェア

お花見自粛の昨今ですが、気持ちだけでも春を楽しめるとっておきスイーツを楽しみませんか?
コンビニライターのはなさんが、春の気分を味わえる、限定チロルチョコをレポートしてくれました。

帰ってきた桜味のチロルチョコ!豪華仕様なものも!

お皿にのったチロルチョコなど今年は花より団子と決め込んで、おうちで「食べる」桜を楽しんでみませんか?
みんな大好きチロルチョコから、さくらもち味が登場しています。

チロルチョコ袋左はセブンイレブン限定版「チロルチョコ さくらもち」(31円)、右は「チロルチョコさくらもち」は袋入り(7個入り100円、写真は袋から出したもの)。

桜もちは地方によってクレープ型かおはぎ型か分かれているそうですが、今回のチロルチョコには両方の桜もちがプリントされています。
日本全国津々浦々の桜もちをカバーしているみたいです(笑)。

チロルチョコ2つ包みを見る限り袋入りもセブン限定版も大きさ以外さほど変わりないように見えますが、あけてみると袋入りは淡い桜色。セブン限定は濃いピンク色。
ちなみにサイズは袋入りが縦横2cm、セブンイレブン限定が縦横2.5cmほど。セブンの方が一回り大きいです。

チロルチョコ断面さあ、実食!! セブンイレブンVerは全面がピンクの市松模様。袋入りはチロル定番の風車の模様です。
袋入りの「さくらもち」は桜の葉の塩漬けをパウダーにして練り込んでいるそうで、桜もち特有の清々しい香りとともに桜の葉の塩気がほんのり。中のもちグミがムニムニとおいしく、底面の小豆チョコと組み合わさると甘じょっぱい味わいです。

チロルチョコ断面縦セブンイレブンの「さくらもち」は桜の花びらパウダーを使用。袋入りよりも「桜っぽさ」を感じるのはピンクの色合いの濃さとともに、そのせいかも知れません。
中にはもちグミと小豆風味のペーストが入っていて、袋入りの「さくらもち」よりも甘さが強めです。

桜薫るドリンクもお見逃しなく

さくらラテ2つコンビニの桜商品というと、ドリンク類も見逃せません。

左はセブンイレブンの「白玉入りさくらラテ」(238円)、右は「EXCELSIOR CAFFE 桜ホワイトショコラ・ラテ」(198円)です。

「白玉入りさくらラテ」は、生クリームたっぷりのさくらラテの中に小粒の白玉がたっぷり入っています。太目のストローでちゅるっと吸い込みますが、底に沈殿しているのでよ~くかき混ぜてから飲んでくださいね。ちなみに温めてもおいしいという噂です♪

ドトールが展開している「EXCELSIOR CAFFE」の新作はクーベルチュールホワイトチョコレートを使用した桜のドリンク。桜葉のシロップ入りで、春らしいさわやかな風味がほんのり香ります★

気分もおなかも春気分を味わえるスイーツ&ドリンクを紹介しました。どれも期間限定なのでお早めに!

【はなさん(写真・文)】

岩手県在住。ブログ「おやつは一日3個マデ」を更新中。ほぼ毎日コンビニに通い、大好きなコンビニスイーツやパンを中心に、毎週発売される新商品情報などを発信

このライターの記事一覧