1. トップ
  2. トレンド

産後1年間、夫への憎しみはすさまじかった!<大盛のぞみの子育て漫画>第76回

2020.04.02

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。

今回は読者から寄せられた「産後何年たってもダンナへのガルガル期が収まりません。のぞみさんもありましたか?」という質問に答えてくれました。

産後、夫へのイライラが爆発!前世は憎しみ合った武将だった?

Q.夫へのガルガル期どうやって対処しましたか?旦那に対するガルガル期というのはどんなんなんだろ? と思って調べてみると「家にいるとイラッとする。スキンシップなどしてほしいと思わない」といった感じのことが書いてあった。

ヒデェ! と思って笑いつつも、この激しい思いはたまに(わりと頻繁に)心の中にドス黒く吹きすさぶな~! と急にしんみり。
お互いのために、また家族のためにもその思いを軽くするにはどうすればいいか、先月から自分なりに検証してみることに。

まず、私の旦那へのハリケーンのピークは産後すぐ。
本人にどのようだったか聞いてみると…

特に凄かったのが長男産後1年間くらい。「まず悪霊の類。その次は前世では憎しみ合い敵対した武将だったんだろうな、今世で仲よくしなければまた歴史は繰り返すんだろうなと思い耐えたでござるよ~…」とのこと。

まず、前世が武将だったなんて思うのがおこがましいが(個人的には同じ豚舎の仲よしだったと思ってる)悪霊の類はちょっとそう疑っても仕方ない面もあるかな、と思う。

まず、ホントに産前では想像がつかないほどの制御不可の怒りだった(注:産後ガルガル期は個人差あり。まったくない人もいます)。

体調とか心の調子が悪い時。忙しい時。第1子が生まれてからの、疲れや余裕のなさや緊張感はとんでもなくて、他人事のようにぼんやりしてたダンナにはひたすら怒りが。

なので、私が怒りに震えてダンナにつらく当たってしまう原因は、漫画に描いた通り、超絶しんどいなーと思っているのに「こっちだってしんどいよ!」と返してくるとき、またヨソの旦那さんのすばらしいイクメンぶりを見たとき。

素晴らしいよその旦那さんと比べた時。「同じ人類なのになんでああも違うかね?!!」と悲しくなってしまうと、我ながらダンナへの対応も氷河期。

夫に絶望するのをやめて、いいところ探ししてみたら<大盛のぞみの子育て漫画>第77回

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。 前回に引き続き、夫がいるだけでイライラする事象について、解決策を教えてくれました。 夫の悪いところではなく、いいところに目を向け...続きを読む


ママ友って必要?今「ぼっち」の私が思うこと<大盛のぞみの子育て漫画>第75回

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。 今回は読者から寄せられた「ママ友は必要ですか?」という質問に答えてくれました。 ママ友は必要?「気が合う人がいたらいいな」とのん...続きを読む


【大盛のぞみの子育て漫画】第1回 おおらかな心が仇に!?好みじゃない夫と結婚した理由

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女の、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画が連載スタートです! 出会った男は、理系の不思議君。まったく好みじゃなかったけど、ついうっかり… はじめまして。大盛のぞみです。これから子育て漫画...続きを読む

【大盛のぞみ】

Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約10万人超。2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある

のぞみ33歳。だだ漏れ日記

8万人が爆笑! すべて実話の“恥ずかしい過去”を描いた闇漫画の書籍化!!

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア