1. トップ
  2. トレンド

北欧で人気のリサ・ラーソン。かわいいだけじゃない社会批評性

  • この記事を
    シェア

ストックホルムの郊外のグスタフスベリを訪ねて

筆者は、2009年の冬にバスに揺られて、スウェーデンの首都ストックホルムの郊外のグスタフスベリを訪れたことがあります。
広大な敷地には工場、グスタフスベリ陶磁器博物館のほか、ンティークショップやファクトリーアウトレットも併設されてました。

旗
(C)LumicoHarmony

このロゴどこかで見たことある…と思ったら、トイレでおなじみでした。どういうことかというと…

GUSTAVSBERG
(C)LumicoHarmony

スウェーデンやノルウェーで一般的な、トイレの水を流すために引っぱるつまみは、グスタフスベリ社製が多いです。

工場の煙突から煙
(C)LumicoHarmony

工場では陶器を焼いている煙がもくもくと煙突から出ていました。

キャンドルに灯りを灯す
(C)LumicoHarmony

スウェーデンでは、リサ・ラーソンをはじめとするグスタフスベリ社の陶器は定番。
私の叔母は、クリスマスなどにリサのキャンドルホルダーのキャンドルに灯りを灯します。

サンタやトナカイのキャンドルスタンドなど
(C)LumicoHarmony

クリスマスにぴったりなキャンドルスタンドやフィギュアも。

●リサに通じる「ゆるかわ」ライオン

ライオンの像に乗る女の子
(C)LumicoHarmony

ちなみに、スウェーデンの首都ストックホルムを歩いていると、ゆるいデザインのライオンに時折遭遇します。

ライオンの像
(C)LumicoHarmony

リサ・ラーソンに通じるかわいさで、影響受けたのかしらと思ってしまいます。
ストックホルムを訪れる機会があれば、ライオン探してみてくださいね。

●開催情報

「リサ・ラーソン展~創作と出会いをめぐる旅」
展覧会メインビジュアル

「リサ・ラーソン展~創作と出会いをめぐる旅」
2020年2月23日(祝・日)-3月4日(水)<最終日は17:00閉場・入場は閉場の30分前まで>
松屋銀座8Fイベントスクエア(東京都中央区銀座3‐6‐1 電話:03‐3567‐1211(大代表))

参考文献:リサラーソン作品集(ピエ・ブックス/2009年)、北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展(大和書房/2017年)

<写真:Lumico Harmony> (C)Lisa Larson/Alvaro Campo

●教えてくれた人
【ルミコ・ハーモニーさん】

東京都在住。フィンランド人と結婚し3児の母となり、アーティスト兼活動家。バイリンガルアート集団「LITTLE ARTISTS LEAGUE」の創始者であり、アート・北欧・オーガニック・日本伝統文化などの様々な領域で活躍の幅を広げる。執筆・イラストも手がけるほか、世界のいろいろな事情について語るポッドキャスト番組「LOVE THE WORLD」も更新中。

1 2
このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】