1. トップ
  2. トレンド

長谷川博己さんが語る、明智光秀と現代人の共通点

ESSE編集部
2020.01.18
  • この記事を
    シェア

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で主役の明智光秀を演じる長谷川博己さん。
現代の私たちが共感できる見どころや、共演者とのやり取りについて伺いました。

主演・長谷川博己さん
『麒麟がくる』主演・長谷川博己さんインタビュー

『麒麟がくる』主演・長谷川博己さんが語るドラマの見どころ

●主人公の光秀は、現代に必要なヒーローなのかも

「令和という新しい時代にふさわしい、新たな大河ドラマを観せたい。それをつくっていける喜びを今、感じています」

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己さんは、作品への意気込みをそう話してくれました。大河ドラマの主役として光秀にスポットが当たるのは、今作が初めて。光秀の青春時代から始まり、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった英雄たちが天下を狙うさまが描かれます。

「明智光秀という人は、もしかしたら今の時代に必要な新しいヒーローかもしれません。そう思わせるくらい王道の大河ドラマでありながら、現代に通じる新しさがあるんです。上司に対してもズバッとものを言って、知性と品性で道をきり開いていく。その根底には『自分の家を大切にしたい』『国を守りたい』という気持ちがある。そこは現代の人間も同じだと思うんです」

●主人公を通じて描かれる“親子の絆”を観てほしい
さらにエッセ読者が感情移入できそうな部分として「家族との絆」を挙げてくれた長谷川さん。

「光秀でいうと、石川さゆりさん演じる母親・牧との関係ですね。光秀は幼いときに父を亡くしていて、母が父代わりとなって、武士の心構えを教えてくれた。光秀は母の言葉を真摯に受け止めて、最終的な判断の参考にしているところがあるんです。母に限らず、光秀は女性に恵まれていて、なにかと助けられているんですよね」

物語の序盤では、共演経験の多い吉田鋼太郎さんとの、息の合ったやり取りも見どころです。

「共演した舞台では楽屋も一緒だったくらいなので、芝居をしていると安心しますね。鋼太郎さんとは“あうんの呼吸”でいろんなことが通じ合うんです」

2013年の『八重の桜』でも大河ドラマを経験した長谷川さんですが、主演として見る景色はやはり格別のよう。

「周りの方々には自由に演技してもらって、それを受け止めつつ、ボールを回すように、また別の人へ渡していく。それが主役の役割なのかな、と思っています。僕は役に入り込みたいタイプで、あまり座長らしいことができないんですけどね…。ただ、主役から見る景色というのは、なかなか気分がいいです(笑)」

ESSE2月号では、早起きの際のルーティーンや、体調管理についてなども語ってくれています。こちらもぜひチェックしてみてください。

<撮影/天日恵美子 取材・文/ESSE編集部>

【長谷川博己さん】
1977年、東京都生まれ。デビュー以降、多数のドラマや映画に出演。近作にドラマ『小さな巨人』、連続テレビ小説『まんぷく』など。主人公・明智光秀を演じる大河ドラマ『麒麟がくる』が1月19日よりスタート

ESSE2月号

ESSE2月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/仲間由紀恵さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入