「お湯出し」が決め手!昔ながらの丸粒が香ばしい、黄金麦茶のつくり方
2016.08.19
  • この記事を
    シェア

 みなさん、麦茶は何派ですか?私は断然「丸粒派」!結婚するまでは普通に茶葉粉砕タイプのティーパックの麦茶を愛飲していましたが、「丸粒」で育った夫に勧められて、出かけ先の道の駅で丸粒麦茶を買い、まろやかな口当たりと香ばしく深みのある麦の味に感動し、そのおいしさに目覚めました。
黄金麦茶のつくり方「これが昔ながらの本当の麦茶の味なんだ!」と、カルチャーショックを受けて以来トリコになった、丸粒麦茶のおいしいいれ方をご紹介します。

一度飲んだら戻れない味のポイントは、「煮出し」ではなく「お湯出し」!

「煮出し」ではなく「お湯出し」! 道の駅の丸粒麦茶には説明がなにもなかったので、義母に聞いてなんとなくこんな感じ?と、いれていたのですが、その後自分でもいろいろと試行錯誤してたどり着いたのが、煮出すのではなく、お湯出しする方法でした。丸粒麦茶の要領で説明しますが、一般的なティーパックの麦茶を煮出している方も、いつもよりまろやかで、おいしくいれられるので試してみてくださいね!

●昔ながらの麦茶のおいしい入れ方

(1)2リットルの水に対して50gの丸粒麦茶を、お茶パックなどに小分けして入れる。(※麦茶は煮ると膨らむのでパンパンに詰めない)

昔ながらの麦茶のおいしい入れ方(2)やかんにお湯を沸騰させたら(1)を入れて火を止める。必ずやかんのフタをしましょう。(※体にいい成分が逃げてしまわないように)

昔ながらの麦茶のおいしい入れ方(3)そのまま30分放置したあと、パックを取り出す。そのままゆっくりと冷ましていくことにより、甘みが十分に抽出され、香り高く香ばしい麦茶ができ上がります。色はまるでビールのような黄金色の輝き!

昔ながらの麦茶のおいしい入れ方 長時間高温で煮出すと、麦茶もコーヒーと同じで苦味やエグミが出てしまいます。数分煮出す方法なども試してみた結果、苦味やエグミが少なく香ばしさが引き立つ、この「お湯出し法」が一番失敗なくおいしい!とたどりつきました。

●丸粒麦茶は普通にスーパーで手に入ります!

 丸粒麦茶は、スーパーの麦茶コーナーにひっそりながらもいますし(笑)、パック入りで便利な商品もあります。ほかのティーパックの麦茶よりも少々割高ではありますが、お茶の香りを楽しむのは、日常のほんの小さな贅沢。

 暑いばかりの夏を、些細な楽しみでうるおすのもいいですし、大人よりも正直な舌を持つ子どもたちに、たまには日本古来の味に触れさせてみるのもいいかもしれません。うちの娘たちも毎日飲んでいますが、とってもお気に入りのようです。

 麦茶には、血液をサラサラにして血圧を低下させたり、抗酸化作用、胃の粘膜を保護する役目や、体の冷えを緩和させる働きまであるそうです。暑い夏だけでなく年中取り入れたいお茶ですね。ミネラルたっぷりで簡単につくれる「昔ながらの麦茶」、一度おためしを♪

【ひとみさん】
夫、2人の娘と岡山で暮らす主婦。Instagram @amehtmに上げている日々の食卓が、誰もが食べたくなるようなメニューとセンスのある盛りつけで話題になり、現在フォロワーは14万人を突破。著書に、Instagramのなかでも人気の高いパンの写真を中心にまとめた『パンばか食堂~毎日食べたくなるおうちパンレシピ70』がある。

パンばか食堂 - 毎日食べたくなるおうちパンレシピ70 -

フォロワー13万人超!Instagramで No.1のパン好き・ひとみさん(@amehtm)の初の著書!1年365日パンを焼き続けた中から反響の多かった70レシピを大公開!!