1. トップ
  2. トレンド
ファン待望のコストコオンライン!買うべきアイテムはかさばるアレ
2020.01.21
  • この記事を
    シェア

2019年12月10日、会員制倉庫型店のコストコに待望のオンラインショッピングサイトが誕生しました。倉庫店同様に会員登録する必要がありますが、ひとつひとつの商品が大きくて重いコストコではありがたいですよね。近くにコストコがない人にもうれしいニュースです。

「重くてかさばる商品を家で気軽に注文できるのは助かります。取り扱い商品も増えてきているので、リピート買いはオンラインで済ませられる日も近いかもしれませんね」と、コストコマニアの高梨リンカさんも注目しているそう。
オンラインでチェックしたいおすすめ商品や注意すべきことを教えてもらいました。

コストコマニアが喜んだ!おすすめアイテム3選

コストコマニアがオンラインで注目するのは重くてかさばるもの。そしてオンラインでしか見られない商品です。

●1)カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロール

カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロール
※コストコオンラインより引用
掃除にも料理にも大活躍の「ペーパータオル」。大きくてかさばるので、家まで持ってきてもらえるのは助かります。車で買いに行っても、車から家まで持って運ぶのも大変ですからね。

カークランドシグネチャー ペーパータオル2つ普段は倉庫店で購入して愛用中。こういうかさばるものこそオンラインが便利だと思います。

●2)カークランドシグネチャー ハウスホールドワイプ 4袋入り

カークランドシグネチャー ハウスホールドワイプ 4袋入り「ハウスホールドワイプ」は洗剤を染み込ませたお掃除シート。トイレやフローリングなど毎日の掃除に大活躍します。ずっしり重みがあるので、これもオンラインで頼めるのはありがたいです。

●3)CJバラエティーセット

CJバラエティーセット
※コストコオンラインより引用
「CJバラエティーセット」は超お買い得なCJ食品のセットです。スンドゥブのほか、キムチチゲやプルコギソース、ユッケジャンなどや普段使いできる韓国食品がたっぷり入って1980円は超お得!
それぞれ単体では倉庫店にもありますが、セットになっているものはなかなか見ません。コストコオンラインには倉庫店で見かけない商品もあるので、そういうものを見つけるのもひとつの楽しみです。

CJバラエティーセットの中身スンドゥブをあけてみるとこんな感じ。小分けされており、ちょこっと使いもできて便利です。

コストコオンラインは、シンプルな梱包とスピーディな発送がうれしい

コストコオンラインで実際に注文すると、注文して2~5日で手元に届きます。

梱包されているハウスホールドワイプ今回はハウスホールドワイプを注文しましたが、梱包はこのようにシンプル。コストコロゴが入ったぴったりサイズの段ボールに商品が入っているだけ。余計な緩衝材やチラシは入っていないので、段ボールをつぶすだけでお片づけも完了です。

●単数で買えないものが多いのは難点

かさばるものや重いものをオンラインで買えるのはありがたいのですが、じつは単数では買えないものもあります。

クラシコパスタソース1セットたとえばクラシコの「パスタソース」は2セットからしか買えません。907gの大ビンが3本で1セットなので、オンラインだと最低でも6本の大ビンが届くことになります。ビンの食品は賞味期限が長くストックできるとはいえ、友達や親戚とシェアすることを考えてもいいかも。

●価格は送料込みでちょっと高めなので要チェック

コストコオンラインは全品、送料込みの値段です。(沖縄と北海道のみ別途送料サーチャージがかかります)

その分、各商品は倉庫店で見るより1~2割高くなっています。

ハインツのボロネーゼソース8袋入りのハインツ「ボロネーゼソース」は倉庫店だと1128円。オンラインだと1398円です。

ランガーズのパイナップル・オレンジ・グアバジュースランガーズ「パイナップル・オレンジ・グアバジュース」は倉庫店だと698円。オンラインだと880円です。

割高には感じてしまいますが、送料を気にせず買い物ができるのはうれしいですよね。1点だけの買い物も気軽にできます。自分で買いに行くと交通費も時間もかかってしまうことを考えたら、送料はあまり気にならないかも。

●続々新商品追加で今後に期待大

コストコオンラインが始動して1か月半。現状、食品は日持ちするものやお菓子がほとんどで、パンやデリカの取り扱いはありません。ですが、商品数は少しずつ増えています。いつかディナーロールやホールピザが買えるようになったらうれしいですね。

●教えてくれた人
【高梨リンカさん】

コストコ新三郷店に8年通うコストコ大好きライター。とんとん名義で運営している自身のブログ「最底辺の歩き方」では、商品レビューやアレンジレシピを更新中

このライターの記事一覧