1. トップ
  2. トレンド
ステーキにぴったりの赤ワイン・シラー。通ぶれる豆知識3つ
2019.11.24
  • この記事を
    シェア

秋冬の長い夜に飲みたくなるワイン。基本として抑えておきたい黒ブドウ品種の「シラー」はフルーティでスパイシーな香り、渋みのあるしっかりした味わいで世界中で人気です。
ソムリエの福村真弓さんがとっておきの1本を教えてくれました。

シラー

シラー=シラーズ?コショウの香りがする?シラーを楽しむためのトピック集

シラーは世界的に需要が高く、世界中のメジャーなワイン産地で栽培されている「国際品種」と呼ばれる品種。世界で4番目に多く栽培されているワイン用の黒ブドウ品種です。

●シラーはシラーズとも呼ばれています

フランスがもっとも多くシラー(Syrah)を栽培しておりますが、オーストラリアも高品質なシラーの産地として有名で、オーストラリアではシラーズ (Shiraz)とも呼ばれています。シラー=シラーズを覚えれば一気にワイン通です。

●シラーは白コショウの香りが特徴!

シラーはロタンドンと呼ばれるコショウにも含まれる香り成分を含むため、コショウのような香りを呈する品種です。とくに冷涼な気候で栽培されるシラーに多く含まれるとされています。
シラーを飲んだ際はぜひ、コショウの香りを探してみてくだい。「コショウの香りがする」と言うだけで、とてもワイン通な気分になれます。

●シラーはフランスのローヌ地方が本拠地

シラーはフランスのローヌ地方が王道の産地として有名です。ローマ時代からワインづくりが行われており、歴史ある産地のひとつ。1309年にキリスト教の法王庁(教皇庁)の所在地とされたことで、ローヌ地方でワイン造りが発展しました。

ローヌ地方のワイン産地はローヌ川沿いに南北に200kmに渡り広がっています。北に位置するリヨンの街はフランス第二の都市として知られ、美食の街としても有名です。

本や音楽と一緒に楽しみたくなる!シラーを1本買うならこれ!

買うならこれ! という1本をご紹介します。

・クローズ・エルミタージュ サンス・ルージュ ファヨール・フィス・エ・フィーユ・クローズ・エルミタージュ サンス・ルージュ ファヨール・フィス・エ・フィーユ
生産国:フランス 希望小売価格:3200円 輸入元:ファインズ

●香り

ダークチェリーやブラックベリー、ブルーベリーなどの黒いベリーの香りがたくさんつまっています。白コショウなどのスパイスの香りに、スミレやバラの様な華やか香りもグラスいっぱいに香ります。ほのかにヴァニラの甘やかな香りがあり、香りだけで期待がふくらみます。

●味わい

辛口でしっかりした酸があり、タンニン(渋み)も調和しています。全体的に華やかでエレガントですが、しっかりとした骨格あるワイン。味わいにも黒いベリーの凝縮した味わいが広がります。

●合わせるお料理と飲むシチュエーション

クローズ・エルミタージュ サンス・ルージュ ファヨール・フィス・エ・フィーユ味わいも香りもしっかりしており、メインのお肉料理にピッタリです。赤身のお肉を香ばしく焼いて、塩とコショウで召し上がっていただくシンプルなお料理がおすすめです。
また、ゴルゴンゾーラチーズを使ったリゾットやパスタにもおすすめ。ゴルゴンゾーラを使ったお料理にも少しコショウを振ると、よりワインとの相性が増します。
ゆっくり香りを楽しんでいただきたいワインですので、ぜひ、お客様をおもてなしするときの特別なディナーでお楽しみください。

今回ご紹介した「クローズ・エルミタージュ サンス・ルージュ ファヨール・フィス・エ・フィーユ」は、美食の街リヨンから南に広がるローヌ地方のもの。ぜひ本や音楽のおともに、またおしゃべりを楽しみながら味わってみてくださいね。

●教えてくれた人
【福村真弓さん】

ワイン・コラムニスト、イタリア大使館認定ソムリエ、Italian Wine Ambassador 2019 (The Vinitaly International Academy)。イタリアワイン・マスターズにおいて、2011年ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ大使に任命。2012年にはイタリアワイン・ベストソムリエコンクールで優勝。世界最大のワイン教育機関Wine & Spirit Education Trust (WSET)認定 Level 3 Advancedを取得。イタリアワインの教育機関The Vinitaly International Academy主催の試験にて、2019年日本人で初のイタリア・ワイン・アンバサダーの称号を取得しイタリアワインの啓蒙活動に貢献を続けている

このライターの記事一覧