バスチーの次は生カップケーキ!ローソンの次なる刺客
2019.11.17

今年はバスチーことバスクチーズケーキが大流行しました。コンビニに詳しいライターのはなさんによると、なにやらバスチーの次にきそうなコンビニスイーツがあるとのこと。
その「進化系カップケーキ」についてさっそくレポートしてもらいました。

コンビニの進化型カップケーキが流行の予感!

コンビニの進化型カップケーキ
バスチーの次にきそうな新スイーツ、進化型カップケーキ!
コンビニスイーツの進化が止まりません。コンビニで売られるケーキといえば三角形のショートケーキやクリームたっぷりのロールケーキでしたが、ここ最近ではカップケーキが増えています。
バスチーがバカ売れしたローソンが、「ウチカフェスイーツ」ブランドから満を持して発売したのが、新シリーズの「CUPKE(カプケ)」。全部食べてみたのでレポートします。

●全部で4種類!まずはティラミスを実食!

ティラミスラインナップはティラミス、モンブラン、苺ショート、ショコラの4種類です。

まず最初にご紹介するのは、「CUPKE(カプケ)くちどけティラミス」。平成を彩ったスイーツのひとつ「ティラミス」も令和ではカップケーキに! 北海道産のマスカルポーネを使用したティラミスクリームはフンワリなめらかな口あたり。

ティラミスクリームはフンワリなめらかな口あたり生クリームのようなコクのあるチーズと、深煎りコーヒーのシャープな苦みが好相性。甘さもほどよく大人向けのケーキです。天面にあしらった「ウチカフェ」のロゴプレートもカフェムードでかわいらしいですよね。

●秋の味覚、栗のカップケーキも!

秋の味覚、栗のカップケーキも!続いては「CUPKE(カプケ)ごろっと栗のモンブラン」。渋皮栗がトッピングされたモンブランケーキ。うねうねと渦巻くモンブランクリームは高級と名高いスペイン産のマロンを使用したもの。

モンブラン特有のザラツキモンブラン特有のザラツキがありつつ、口どけはクリーミー。マロンの芳醇な香りを楽しみつつ、ホイップやスポンジ、渋皮栗とチョコレートクランチの層が登場! ザックザクのチョコレートと力強い栗の香味が秋らしい、しっとりしたムードを醸し出しています。

●定番のショートケーキもカップに!

定番のショートケーキもカップに!苺ショートもカップで食べると新鮮です。
「CUPKE(カプケ)とろけるクリームの苺ショート」は、ちょこんとトッピングされたイチゴは小粒ながらキャンドルの炎のように真っ赤で完熟。

まぶされたパウダーシュガーと広がるホイップの海まぶされたパウダーシュガーと広がるホイップの海…。甘党ならだれしも心ひかれてしまうキュートな見た目です。イチゴは一粒ではなくハーフカットなのが少々残念ポイント。

ホイップはキメ細やかに仕立てられたなめらかなタイプ。スポンジとのなじみもよく、ほどよくミルキーで食べやすい甘さです。スポンジとホイップの間には果肉感のあるイチゴソースがサンドされていて、甘さだけではなくさわやかな酸味もプラスしています。

●チョコも侮れない!

チョコも侮れない!最後を飾るのは、「CUPKE(カプケ)カカオ薫るショコラ」。定番のチョコケーキはミルクベースのまろやかなショコラ。なめらかでコクのあるガナッシュと軽い口どけのチョコホイップが重なっていて、間のスポンジもしっとりしたチョコテイストです。

スポンジもしっとりしたチョコテイストアクセントにサクサクのチョコクランチも入り、最初のひと口から最後のひと口までチョコを堪能できる仕上がりです。

価格は270円~315円ほど。洋菓子店ではケーキを1個だけ買うのはためらってしまいますが、コンビニなら気軽に買えるし、カップケーキならお皿も不要で便利!
ご褒美スイーツにもぴったりですね。

【はなさん(写真・文)】
岩手県在住。ブログ「おやつは一日3個マデ」を更新中。ほぼ毎日コンビニに通い、大好きなコンビニスイーツやパンを中心に、毎週発売される新商品情報などを発信

このライターの記事一覧