1. トップ
  2. トレンド

ダイソーのハロウィーングッズで不器用でもラッピング上手に

音仲紗良
2019.10.10

ハロウィーンシーズンになるとお菓子を交換する機会も多いのではないでしょうか。せっかくならかわいくラッピングしたいもの。

そこでフードコーディネーターの音仲紗良さんが100円ショップの代表格・ダイソーで見つけた、使えるハロウィーンアイテムと、それらを使ったテクニックを紹介してくれました。

ダイソーで見つけた!ハロウィーンのかわいいアイテム&ラッピング術

●「紙ナプキン」を「ラッピング袋」にインしてオリジナルギフトBAG

紙ナプキン季節感を取り入れるのに万能で、これまでたびたび紹介してきた「紙ナプキン」ですが、こんな変わったデザインの紙ナプキンもダイソーでは手に入ります。

ハロウィーンギフトとラッピングバッグ通年使えるクリアタイプのラッピング袋に、この紙ナプキンとお菓子を入れて封を閉じるだけで、簡単にハロウィーンギフトの完成です。
もちろん、写真右のように可愛らしいラッピングバッグも豊富なので要チェックです。

●ハロウィーンモチーフ「ミニバケツ」にお菓子をつめてプレゼント

ハロウィーンモチーフ「ミニバケツ」ジャック・オ・ランタンとおばけモチーフの可愛いミニバケツは、4つセットで100円。小物を入れることもでき、取っ手がついているのでオブジェとして飾ったり壁にかけたりと使い道がいろいろ。

お菓子をつめた様子お菓子をつめてそのまま人に渡してもかわいいですよ。

●あきビンを「マスキングテープ」でデコレーション!

マスキングテープ捨てるにはもったいない、お菓子のあきビンやプラケース、家にありませんか。
2つで100円のマスキングテープを側面にぐるっと巻きつけるだけで、一気にハロウィーンらしくリメイクできます。

あきビンを「マスキングテープ」でデコレーション中にはあえてシンプルなお菓子をつめると、ごちゃっとせずマスキングテープが引き立ちます。
右のお菓子はマシュマロの大袋の中のマシュマロを一つ一つ、白いワックスペーパーに包み直したもの。このひと手間でおしゃれかつ経済的になります。

●シンプル派は「柄」を避け「ハロウィーンカラー」を取り入れる

オレンジ、黒、白の「ハロウィーンカラー」シンプル派におすすめのハロウィーンの取り入れ方は、「柄」をあえて避け、オレンジ、黒、白の「ハロウィーンカラー」を選ぶこと。大人っぽく洗練された雰囲気に。

チョコレートの型お菓子を手づくりするなら、チョコレートはいかがでしょう? ミルクチョコとホワイトチョコの2つのチョコレートを溶かして型に流し込めば、黒と白のモノクロお菓子を簡単につくることができます。

今回紹介したアイテム以外にも、デザインやアイテムのバリエーションが豊富なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

●教えてくれた人
【音仲紗良さん】

フードコーディネーター・スタイリスト。食に関する編集・取材・執筆、レシピ開発・制作・スタイリング、イベント企画・運営、キャスティングなどを展開する「ぽかぽかてーぶる。」を主宰している

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】