秋のローソンは大福で勝負、セブンは「とろ生」、ファミマは?
2019.10.09

食欲の秋、コンビニでは秋のスイーツが続々と発売になっています。イモに栗、ハロウィーン限定品も気になるところ。

そこで、コンビニに詳しいESSEonline記者のはなさんにこの秋食べるべきコンビニスイーツを教えてもらいました。

この秋食べるべきコンビニスイーツ
コンビニの秋スイーツを大調査!

秋のコンビニはイモ&栗スイーツが百花繚乱!

つい先日まで残暑が厳しいと思っていたら朝晩と肌寒い日が続き、気がつけば羽織ものをプラスするシーズンになってきました。

私が毎日通うコンビニでも、イモや栗を使った、秋を感じるスイーツが花盛り。今回は毎週のように発売される新作スイーツの中から「これは…!」とオススメできるスイーツをピックアップしてご紹介します。

●ローソンは大福で勝負!

ローソンは大福で勝負!今秋のローソンは大福で勝負をかけてきました。
まずは「モンブラン大福」(250円)。ツヤツヤした栗の甘露煮の下に、きれいな絞りのモンブランクリーム。そしてその下にあるのは…?

大福な、なんと、大福です!
粒あんとクリームが包まれた洋風の大福。栗とあんの相性のよさは想像がつきますが、モンブランとあんは珍しい。

食べてみるといい意味で予想外の展開が待っていました。栗の甘露煮は大粒でほっくり、モンブランクリームはケーキに乗っているミルキーなタイプではなく、どこか和のムードを感じるポテッとしたもの。栗きんとんのようなイメージでしょうか。
意外な組み合わせだけど、どちらも和ムードでバランスがいいお味。粒あんのどっしり感もあって小ぶりながらボリュームは満点でした。

蜜芋純生大福最後は「蜜芋純生大福」(139円)。モンブラン大福は杵つきのような力強いおもちでしたが、こちらは羽二重餅を使用したおもち。赤ちゃんの耳たぶのようにプニプニです。
安納芋を使用したあん、ローソン自慢の純生クリームに加えて、ダイスカットの蜜芋もIN! これでおいしくなかったら嘘でしょ? と思う組み合わせなので味は鉄板。秋らしく上品なおいしさを堪能できました。

●セブンイレブンからはプリンと手軽なカップケーキが登場

とろ生かぼちゃプリン「とろ生かぼちゃプリン」(188円)は、ちょこんと乗ったホイップとオレンジ色のプリンで、ハロウィーンシーズンの定番であるカボチャプリンです。

毎年マイナーチェンジしていて、今年の売りは「とろ生」の食感。数年前はカボチャの煮物のような裏ごし感のあるプリンで、カボチャそのものという感じでしたが、今年は濃厚なカボチャの味はそのまま、口どけはなめらか&クリーミーになりました。底にはシャープな苦味のカラメルが入っているので、甘すぎないのも魅力的。

イタリア栗の焼き栗モンブラン「イタリア栗の焼き栗モンブラン」(278円)は、しっとりと大人のムードが漂うイタリア栗を使用したモンブラン。うずまきのモンブランクリームはミルクティーみたいな穏やかな茶色です。
マロンのムース、マロンのホイップ、スポンジ。モンブランのクリームは栗らしいザラッとした感じもありつつ、香ばしくて美味。この香ばしさは「焼き栗」ならではのものですね♪ カップ入りのケーキなので、お皿を用意する必要もなく気軽で手軽なのもうれしい。

●ファミマはワンハンドスイーツ!

安納芋のクレープファミリーマートから紹介したいのは、まず「安納芋のクレープ」(276円)です。
黄金色のスイートポテトが丸ごと入ったリッチなクレープで、使用されているサツマイモは種子島産の安納芋。

種子島産の安納芋そうとわかればおいしさは保証されたようなもの! 安納芋ならではの甘くてネットリした味が広がり、表面の「炙り」効果で香ばしさもバッチリ。
安納芋のスイートポテトに加えて、ホクホクしたお芋のクリームも入っています。ミルキーなホイップやフワフワのスポンジ、幾重にも折り重なったクレープ生地と、食べごたえも充分。

冷やして食べるパイコロネ続いては「冷やして食べるパイコロネ」(マロンクリーム・139円)。ちょっと珍しいパイ生地のコロネで、中には粒入りのマロンクリームがつまっています。

粒がコリッとあたる食感が心地よく、そこから栗由来のほっくり優しい味が広がっていくイメージ。甘さも上々で、クリームもコッテリ気味なので、ノンシュガーの飲み物でいただくといいでしょう。

コンビニには、秋の夜長にパクパク食べたいスイーツがたくさん。実りの(充実の)秋は始まったばかり。これからの新作にも目が離せません!

【はなさん(写真・文)】
岩手県在住。ブログ「おやつは一日3個マデ」を更新中。ほぼ毎日コンビニに通い、大好きなコンビニスイーツやパンを中心に、毎週発売される新商品情報などを発信

このライターの記事一覧