現地ライターが紹介!絶品で美肌にマルの台湾スイーツ。もちろん日本でも食べられるよ
2016.08.08

 台湾の街を歩くとナチュラルビューティーな女性が多いことに気がつきます。台湾の女性のお肌はエイジレスでキメ細かく、そのため薄化粧の方がとても多いのです。そんな台湾の女性の美の秘密はズバリ、食べ物にあり。

「美や健康は、食事からつくられる」という考え方が浸透している台湾には、美容に効果的なスイーツがたくさん存在するんです。今回は、そんな台湾美女御用達のスイーツの数々をご紹介します。もちろん日本でも食べることができますよ!

アンチエイジングに! 美肌にも!

●トロっ!ぷるっ!の食感がたまらない「豆花(ドオファ)」

「豆花(ドオファ)」 代表的な台湾スイーツのひとつ「豆花」。豆花とは、豆乳に「石膏粉」や「地爪粉(さつまいもパウダー)」を使用し固めた台湾版豆乳プリン。ぷるっととろけるような口どけと、優しいあま味が特徴のデザートです。甘いスープや小豆、タピオカなどをトッピングしていただくのが台湾での一般的な食べ方。豆乳を使っているから、おいしいのに低カロリー。そのうえ、豊富に含まれるイソフラボンの抗酸化作用による、老化防止などが期待できます。

・日本で豆花が食べられるお店はこちら→東京豆花工房(東京・神田)

●食べればお肌がぷるぷるに!? 優しい甘さの「蓮子木耳湯(リェンズムーアータン)」

「蓮子木耳湯(リェンズムーアータン)」 中華圏でよく食べられる「蓮子木耳湯」。日本では馴染みのない蓮の実と白キクラゲを使ったスイーツです。白くて丸い蓮の実は、栗に似た味わい。ビタミン・カルシウム・カリウム・食物繊維などが豊富です。お肌に潤いや弾力を与えてくれる白キクラゲと一緒に、やさしい甘さのスープで煮こんでいます。台湾ママのつくる定番デザートで、夏はアイスで、冬はホットでいただきます。

●ほんのりした甘みのなかに感じる、ハーブの香りとほろ苦さがクセになる「仙草ゼリー」

「仙草ゼリー」 台湾に来たらぜひトライしたいのが、薬膳素材の「仙草」を使ったゼリー。一見、苦そうなこちらのスイーツですが、ご心配なく! クセのない、ほろ苦いコーヒーゼリーのような味わいで、とてもおいしいんです! シロップやつぶあんなどと一緒に食べると、なお◎。原料となる仙草は、シソ科の植物。主に中国大陸や台湾などで栽培されています。体の火照りを鎮める効果があり、夏は仙草でつくったゼリーやジュースを飲むのが中華圏では一般的な涼の取り方。滋養強壮、便秘解消などにもよいとされ、美肌効果も期待できます。

・日本で仙草ゼリーが食べられるお店はこちら→「台湾茶藝館 月和茶」(東京・吉祥寺)

●フワフワのかき氷と、甘酸っぱい果物が相性抜群の「台湾かき氷」

「台湾かき氷」 専門店も続々上陸し、日本でもポピュラーになってきた台湾かき氷。口に入れた途端にとろけてしまうフワフワのかき氷と、あまずっぱい果物の相性が抜群です!日差しを浴び、ビタミンたっぷりに育った果物をいただくのも、台湾ビューティーの秘訣。実際に、台湾の人たちはおやつやデザートに果物を欠かさないんです。自然にビタミン補給しているのもキレイを保つ秘訣かもしれませんね。

・日本で台湾かき氷が食べられるお店はこちら→「マンゴーチャチャ」(東京・原宿)

 このように、台湾の女性は日常的に薬膳素材を使ったデザートや、ビタミンたっぷりの果物を食べることでキレイを保っています。基礎化粧品やメイクアップなどで美しさに磨きをかけるのも重要ですが、この夏は台湾女性に習って、栄養豊富な食材で内側からのキレイを目指してみませんか?

【CAM(キャム)さん】
台湾在住のフリーライター。6年前に台湾人の夫と国際結婚して以来、
中国語に苦戦しながらも台北で暮らす。ブログ「くいしんぼうCAMのもっとおいしい台湾!!!」で、グルメやレジャー、文化などの情報を発信中