ナチュラルキッチンのアイテムで!お手軽ハロウィーン弁当
音仲紗良
2019.09.18

この時季、インスタグラムでは毎年「ハロウィーン弁当」が盛り上がりを見せていますが、のりを小さく切って目や模様をつくったり、顔をかたどったりするのは面倒なもの。

そこで今回は、ぶきっちょさんでも手軽にハロウィーン感を演出できるアイテムを、プチプラショップ・ナチュラルキッチンで探しました!

ハロウィーン弁当

ナチュラルキッチンでそろう!ハロウィーンのお弁当や食卓にぴったりなアイテム

●いつものおかずが“ハロウィーン仕様”!「ピック」「カップ」

「ピック」「カップ」毎シーズン季節感のあるピックが充実の『ナチュラルキッチン』。おかずを仕切るのに便利なカップも充実しています。

かぼちゃの顔のカップいつものおかずを刺すだけ、盛るだけでハロウィーンを取り入れることができますよ。
かぼちゃの顔のカップ(写真左上)は、焼き菓子用カップですが、深めで丈夫なつくりなので、油っぽいものや汁っぽいもの、かさばるおかずを入れるのに便利です。

●ハロウィーンモチーフのご飯が簡単にできる!「おばけ&カボチャ型」

おばけ&カボチャ型インスタグラムでもよく見かけるモチーフ型ご飯ですが、手でかたどるのは手間ですし、ぶきっちょさんには難しいですね。でも、この型を使えば簡単に再現できます。

この型を使えば簡単に再現できます目や口の形に切ったのりをつければ、より再現性が高まりますよ。

ピックと型を使ったお弁当がこちらピックと型を使ったお弁当がこちら。カボチャ型のご飯は、電子レンジでチンしてやわらかくしたカボチャを潰してご飯に混ぜ込みました。

おかずはオクラの肉巻き、マッシュルームとミニトマトのみそしょうゆオーブントースターグリル焼き。
おかずの野菜は切り口がかわいいオクラやマッシュルームを選ぶと、それだけで華やかな印象になるのでおすすめです。

●サンドウィッチやから揚げを入れるのに便利!「取っ手付きボックス」「カップ」「ワックスペーパー」「ペーパー」

サンドウィッチやから揚げを入れるのに便利あるとなにかと便利なワックスペーパー。
ご飯よりパン派の方なら、サンドウィッチをワックスペーパーで包んで、この取っ手つきボックスに入れるなんて使い方もできます。

お手ふきのペーパーもハロウィン仕様のものをチョイスお手ふきのペーパーもハロウィン仕様のものをチョイス。

から揚げやポップコーンを入れるのにも役立ちますカップはドリンク以外にも、から揚げやポップコーンを入れるのにも役立ちますよ。
から揚げを入れる際は、冷ましてからワックスペーパーを中にしいてから入れると油染みを防げます。

●くくるだけでハロウィーンを演出!「クモの巣柄リボン」

クモの巣柄リボン透け感がおしゃれなオーガンジーリボンも100円で手に入ります。普段使っているお弁当箱やサンドウィッチの包みをリボンで巻くだけで、さりげなくハロウィーンを演出できます。

無地のワックスペーパーで包んだサンドウィッチやお菓子無地のワックスペーパーで包んだサンドウィッチやお菓子を、このリボンで結んでワンポイントで取り入れると、抜け感が出てむしろおしゃれなハロウィーン演出に。

抜け感が出てむしろおしゃれなハロウィーン演出に今回紹介したアイテム以外にも、デザインやアイテムのバリエーションが豊富にそろっていますので、ぜひ店頭や公式サイトでチェックしてみてくださいね。

●教えてくれた人
【音仲紗良さん】

フードコーディネーター・スタイリスト。食に関する編集・取材・執筆、レシピ開発・制作・スタイリング、イベント企画・運営、キャスティングなどを展開する「ぽかぽかてーぶる。」を主宰している