看病ワンコにじ~ん。元気づけてくれてるみたい<保護犬マンガ>
2019.07.03
  • この記事を
    シェア

さまざまな理由で飼い主をなくした犬や猫を保護する活動が注目を集めています。
イラストレーターの岩沢さんも、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし。初めて保護犬と暮らす驚きを漫画でつづります。

今回は、体調が悪いときに実感するふうちゃんのやさしさについて。

やさしさに感動していたら、ついスヤスヤと…

マンガ少々体調を崩し、寝込んでしまう日がありました。
私が寝ているとふうちゃんは近くにやってきて、おふとんの横で丸まって、私の顔を見ています。具合が悪くて心細かったので、そばにいてもらえて、ジーンとした気持ちになりました。

私はそのまま寝てしまったのですが、ちょうど寝ていたのが、ふうちゃんのおやつの時間だったのです。起きたらもう夕暮れどき。私を起こすわけでもなく、じーーーっと私の顔を見つめるふうちゃんの顔がすぐそばに…。ごめん…。

お休み中ただ黙ってそばにいてくれる、ふうちゃんのやさしさにジ~ン…。

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「IWASAWA’S PORTFOLIO」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける