ささやかだけど大きな問題…理想の箸がない!<私と夫>
2019.06.21

40代で結婚したイラストレーターの曽根愛さん。夫との日常生活でふと感じるおかしみを、漫画とテキストで紹介してもらいます。今回は食卓に欠かせない、「お箸」について。

無頓着な私とこだわり強めな夫の「箸」観

つい最近、わが家の箸の整理をして、片っぽしかないもの、欠けているもの、使わないものなど一気に処分しました。夫が。
箸ってなんですぐ片方なくなるんでしょうね~。うちだけかしら?

私は、近所の公園にお弁当を持って行って「外ランチ、うふふ」なんて言って、箸を忘れたとき「地面に落ちてる枝を箸の代わりにすればよいのでは」と思うぐらい頓着しない…っていうか雑な人間なので、長さがそろっていない箸でも「凸凹コンビ!」とかニックネームをつけて愛用してましたが、夫はどうもそれが耐えられない様子。

ずっと「箸の整理しようよ」と言い、私は「長さが合わない箸でも箸は箸。捨てられる箸がかわいそう」と、無意味にポエティックな反論をして整理整頓をするのを避けておりました。そしたら夫が率先してやってくれたのでよかったです。
金子みすず気分でポエティックな反論を続けた甲斐がありました。

ここまで書いていて、いろんな意味で金子みすずさんのファンの方に怒られるのでは…という気持ちが湧き上がってきました。すみませんでした。最初に謝っておきます。

漫画1

漫画2

それはさておき、夫は当初は「普通の塗りの箸(漆とかいいのじゃなくて、樹脂とかでそれっぽく加工されてるやつ)」を使ってましたが、「すべりやすい! 麺類が掴みにくい」とのことで、私が買って来た「バリ島とかどっかでつくられた長細い四角い箸、塗りなし」を使い、それも折れてしまったので、「とりあえず家にある無垢の木の箸」を使っています。
こちらもすり減ってきているので、使えなくなるのも時間の問題。

ここまで読んでいて「じゃあ、新しいお箸を買えばいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これがなかなか、ちょうどいいのが売ってないんですよ〜。

スーパーとかホームセンターではだいたい「樹脂加工のツルツル箸」しかないし、生活雑貨など扱っているすてきなギャラリーとかではよさそうな箸がありますが、箸ひとつに4000~5000円かけるのもなぁ…という気がします。
どこに行ったら「塗りのない、無垢の箸」が売ってるんでしょうね…。出せる金額は一膳2000円まで、ご存知の方はほんと教えてほしいです。

すみません、見栄はって「2000円」と書きましたが、できれば1000円までで、いい箸があったら教えてください…。

【曽根愛】
東京都在住。イラストレーターとして、おもに書籍、雑誌で活躍。コミックエッセイに『着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ』『実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい』(ともにKADOKAWAメディアファクトリー)

着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ 着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ

20代までフツーに着れてた服が、30代に突入するころからなんだかだんだん似合わなくなってきたような…?共感しながら役に立つ、着こなしUPコミックエッセイ


実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい 実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい

実家暮らしはラクだけど、ちょっぴりしんどい…?のん気で楽しい実家暮らし、でも私ずっとこのままでいいのかなあ。モヤモヤ共感度100%!実家女子コミックエッセイ

このライターの記事一覧