<私と夫>円満の秘訣はしょうもない議論?楽しい番付遊び
2019.06.01

40代で結婚したイラストレーターの曽根愛さん。夫との日常生活でふと感じるおかしみを、漫画とテキストで紹介してもらいます。今回は曽根さん宅で白熱しがちな、ある議題について。

フルーツ界のキングを探せ! 白熱する夫婦番付

「好きな食べ物は、なにと言ったらモテそうか?」

という会話を、むか~~しむかし、友人と話していたことがあります。私の答えは「パスタ」友人は「フルーツ」でした。
えっ? 自分たち、アイドルにでもなったつもり!? と、今では真顔でつっ込んでしまいますが、当時は男性ともつき合ったことがなく、いろいろとアレだったので許してください。

さらに「フルーツのなかでも、なにがとくにモテそうか?」と続き…って、続くんかい…。
答えはダントツに「イチゴ!」でした。イチゴってほんと、憎らしいほどかわいいですよねー。絵にしてもかわいいし、ちょっと前にキャス・キッドソンがはやっていたとき、イチゴ柄のバッグ欲しかったなあ。

マンガ1

マンガ2
ものすごい私の独断と偏見に満ち溢れていますが「フルーツ総選挙」の上位を勝ち取るためには以下の厳しい条件があります。

・その果物の季節になると「◯◯フェア」と銘打って特集される(例「イチゴフェア」)
・ジャムなど、加熱してもおいしい
・しょっぱい食べ物と一緒にされない(パイナップル→酢豚に入れられる、メロン→生ハムを巻かれる)
・アイスにしてもおいしい
・ほのかに文学の香りがする

夫と話し合いの最中「ナシ」「カキ」が出ましたが、両方とも条件を満たしてないのでバツ、もちろん大好きですが!!

わが家では、「お弁当に入っていてほしい総菜ベスト3」などなんでも勝手にランキングする遊びをよくします。
意外と白熱し、かつ相手の思わぬ好みなどもわかってなかなか楽しいですよ。

最近話すことないわー、という倦怠期の方、ぜひ「◯◯総選挙」でご家庭の楽しい話題づくりを!

【曽根愛】
東京都在住。イラストレーターとして、おもに書籍、雑誌で活躍。コミックエッセイに『着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ』『実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい』(ともにKADOKAWAメディアファクトリー)

着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ 着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ

20代までフツーに着れてた服が、30代に突入するころからなんだかだんだん似合わなくなってきたような…?共感しながら役に立つ、着こなしUPコミックエッセイ


実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい 実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい

実家暮らしはラクだけど、ちょっぴりしんどい…?のん気で楽しい実家暮らし、でも私ずっとこのままでいいのかなあ。モヤモヤ共感度100%!実家女子コミックエッセイ

このライターの記事一覧