アウトドアアイテムは、日常に取り入れるのがトレンド!
2019.05.22
  • この記事を
    シェア

最近はそのファッション性でも注目されるアウトドアアイテム。レジャーだけでなく、普段に取り入れてもおしゃれです。
ここでは注目のワークマンのアイテムをはじめ、気になるアウトドアアイテムをご紹介。

アウトドアでも日常でも!おしゃれさが光るアイテム

●あごひもつきハットはアウトドアの必須アイテム

あごひも付きハットチノクロス素材のサファリハットは厚手で丈夫。あごひもつきで、急な風が吹いたり、子どもと一緒に走り回ったりしても飛んでいかないので安心です。大きめのツバで日よけもバッチリ。

・軽いチノクロスの帽子(ベージュ)頭囲57.5cm ¥6264(中川政七商店)

●話題のワークマンから撥水デイバッグが登場

赤リュック作業服を扱うイメージを一新し、おしゃれで手頃なアイテムが人気のワークマン。

赤生地撥水加工されたデイバッグは、小雨や水しぶきも問題なし。大きく開閉するので荷物を整理しやすく、ママバッグにも。

・フィールドコア撥水デイバッグ(レッド)容量20リットル ¥1900(ワークマン)

●キッズ用エプロンで料理を楽しくお手伝い

赤緑エプロン大きなロゴとポケットがついた子ども用のエプロン。首回りの長さは自由に調節できるので、子どもの成長に合わせて長く愛用できます。アウトドアシーンでも映えるカラーもかわいい!

・キッズボートロゴエプロン(レッド、グリーン)各着丈54×裾幅45cm ¥4212(ともにチャムス)

●コンパクトにたためる紙製のピクニックラグ

ピクニックラグ耐久性があり、水に強いクレープ紙でできたピクニックラグは、とにかく軽くて持ち運びに便利なアイテム。裏面にはラミネート加工がされているので、濡れた地面でも安心して敷けます。

・crepピクニックラグ Mサイズ(ベーシックタイプ) 各縦90×横135cm ¥1080(すべて山陽製紙)

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>