「Deal」の意味は?英語表現を知ってお得にショッピングを
2019.04.14
  • この記事を
    シェア

海外旅行でのショッピングや海外の通販サイトで見かける、英語のセールの表現。知っておくに越したことはありません。

アメリカ・シアトルに住んで十数年。エディターのNorikoさんに、実際に現地でよく使われるショッピングに関する英語表現を紹介してもらいました。

ショッピングに関する英語表現
英語でよく使う「Deal」ってどういう意味?

よりお得な「Deal」を探そう!知っておきたいセールやキャンペーンにまつわる英語表現

春になり、日本ではなにかともの入りな時期ですね。アメリカではイースター商戦で、店頭も春めいています。年中、なにかしらのイベントに向けたショッピングで盛り上がるアメリカですが、買い物で使う独特な英語表現がいくつかあるので紹介しましょう。

●覚えておいて損なし!英語の買い物の表現

お得情報をまとめて「Deal」(ディール)と言います。「Best deal」は「いちばんお買い得な目玉商品」、「Today’s deal」は「本日の特価品」という意味になります。

本日の特価品「Promotion」(プロモーション)は日本で言うところのキャンペーンで、お得な価格や特典を提供しています。
日本人もそうですが、アメリカ人の消費欲をくすぐる宣伝文句に「Limited Time Offer」つまり「期間限定セール」というものもあります。1度オンラインでショッピングをすると、こうした「Promotion」のメールがたびたび届くようになります。

1つ買うと1つ無料「Buy one get one free」は、「1つ買うと1つ無料」という宣伝文句。つまり、2つ買うと半額に相当しますが、1つしか必要でない場合はお得感は薄くなりますね。

むしろ、「Up to 65% off」(最大65%オフ)のコーナーを覗いたほうが、1つをお得な値段で買えるかもしれません。これも、あくまで「最大」というところがミソで、全部が全部65%オフではなく25%オフなどが混ざっているので要注意です。

「Buy one get one 50% off」では、「1つ買うと1つ半額」なので、紛らわしいですが、それほどお得感はありません。

アメリカでは母の日や父の日、クリスマスなど、アメリカ中の人がギフトを贈る日が存在します。そうした日の直前には「Last Minute」(ラストミニット)という直前セールがよく行われます。

旅行でホテルや飛行機、クルーズ、ツアーの予約などをぎりぎりで行う際に利用できるセールも同じく「Last Minute」と言います。とくにホテルは、世界的チェーンの最高級ホテルでも破格で泊まれることがあるので要チェックです。各オンライン旅行サイトで、そうしたセールがありますよ。

●「Deal」を使った表現集

「Deal」を使った表現集You should find cheap last minute flight deals to save money.
お金の節約には、直前セールの安い航空券を見つけることだね。

日本に帰省するママ友との間で、毎年のように話題になるのは「どうしたら高い航空券代をなるべく浮かせられるか」(笑)。シアトルはANAに続き、この春からJALやデルタ航空が新規就航となり、選択肢が増えているところ。今後安くなるとうれしいです。

These are the best deals so far.
今のところいちばんお買い得だ。

1軒だけでなく、複数の店で価格を比較検討するのが、大きな節約につながるもの。この決め台詞はどこの店でも言っている宣伝文句と心得るのが、賢い消費者かもしれませんね。

Sorry, it was a limited time offer.
すみませんが、期間限定セールでした(ので、もうやっていません)。

「安い!」と思って店に出かけたら、すでに通常価格に戻っていてガッカリというのは、たまにあります。期間限定セールはタイミングを間違えず上手に利用しましょう。

【Norikoさん】
アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する。著書に『アメリカ西海岸ママ~日本とは少し違うかもしれない、はじめての妊娠&出産~』(海外書き人クラブ刊)、共著書に『ビックリ!!世界の小学生』(角川つばさ文庫)