<私と夫>私とラジオ、どっちが大事なの!?
  • この記事を
    シェア

2019.04.14

40代で結婚したイラストレーターの曽根愛さん。夫との日常生活でふと感じるおかしみを、漫画とテキストで紹介してもらいます。今回は、夫婦共通の趣味「ラジオ」について。

最悪だった第一印象が一転したのは、ラジオのおかげ

夫との初めての出会いは、共通の知り合いの紹介でした。壁の隅っこにピッタリはりつくように座って、お地蔵さんのようにまったくなにもしゃべらず、私からいろいろと気づかいをして、話題を振ったことを今でも覚えています。
第一印象は最悪でしたが、それがまさか結婚することになるとは…。

と、いうのも、徐々に親しくなるなかでラジオ好きだと判明! 私も大のラジオリスナーで、当時、俳優・小沢昭一さんの番組「小沢昭一的こころ」が終わるときで、その話で盛り上がり、急速に距離が縮み、つき合うようになったのでした。

漫画1

漫画2夫も私もなんといってもTBSラジオが大好き!
今は亡き永六輔さんや、現役でがんばる大沢悠理さんや久米宏さん、ときに狂気を感じるほどの発想力の安住伸一郎アナウンサー、いつも楽しい「たまむすび」、JUNKシリーズの爆笑問題や、朝の顔になった伊集院光さんの番組のヘビーリスナーであります。
TBSラジオについては、愛が溢れすぎて書き出すと気持ち悪い感じになるので、この辺でやめておきます。

共通の趣味があると話題にことかかず、楽しいわ~と思っていましたが、問題は聴き方!!

夫は携帯用ラジオを常に手放さないのです。たまに「夫の体は付属品でラジオが本体なのでは?」と、思うときがあります(わかりにくい例えですみません)。

家事をするときも、外出するときも、いつもイヤホンが耳に突き刺さっていて、「ちょっとー」と呼びかけてもすぐに気づきません。

本人はラジオの世界に没頭していて楽しいのでしょうが、宅急便のピンポンにも、電話にも、私が出ないといけないので、こりゃなかなかのストレスです。

「私と◯◯、どっちが大事なの?」って聞く女性なんて、ドラマや小説のなかにしか存在しないよなーと思いますが「私とラジオ、どっちが大事なの?」って、アホな質問してみようかなぁ。

でも「ラジオ」って答えたらショックだから、やっぱり聞けないな~。

【曽根愛】
東京都在住。イラストレーターとして、おもに書籍、雑誌で活躍。コミックエッセイに『着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ』『実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい』(ともにKADOKAWAメディアファクトリー)

着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ 着ていく服が見つからない 洋服選び受難女子 応援コミックエッセイ

20代までフツーに着れてた服が、30代に突入するころからなんだかだんだん似合わなくなってきたような…?共感しながら役に立つ、着こなしUPコミックエッセイ


実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい 実家モヤモヤ女子 応援コミックエッセイ そろそろ実家を離れたい

実家暮らしはラクだけど、ちょっぴりしんどい…?のん気で楽しい実家暮らし、でも私ずっとこのままでいいのかなあ。モヤモヤ共感度100%!実家女子コミックエッセイ