1. トップ
  2. トレンド

<古泉智浩の養子縁組やってみた>初めてのおつかい大成功!でも新たな心配が

2019.03.18

50歳の漫画家・古泉智浩さん。古泉さん夫婦と母(おばあちゃん)、里子から養子縁組した長男・うーちゃん、里子の長女という家族5人で暮らしています。

今回は最近のうーちゃんの、ちょっと心配な行動についてお話ししてもらいました。

「初めてのおつかい」に成功したものの、心配はつきません

うーちゃんが近所のスーパーに一人で買い物に行ってきたと聞いて驚きました。ひとりででかけて牛乳を買って帰ってきたというのです。

一人で買い物うーちゃんはまだ4歳。その日は、店番をしているのがおばあちゃんだけで、うーちゃんは店で遊んでいました(編集部注:古泉さん家は和菓子屋さんです!)。ぼくは外で仕事をしており、妻は長女のぽんこちゃんと出かけていました。

うーちゃんは牛乳を買ってくるようにおばあちゃんから頼まれて、ひとりで歩いてスーパーに行きました。スーパーは商店街の中のうちと同じ通りの先にあって、右にカーブしている先で、おばあちゃんは店の前に立ってうーちゃんがスーパーに到着するまでを見ていました。

距離は300メートルくらいではあるのですが、車道のすぐ隣の歩道を歩かなければいけません。うーちゃんは普段、車を極端に恐れていて常に安全を心がけてはいるのですが、そうは言っても4歳児なので、心配でたまりません。
そんな僕の不安をよそに、うーちゃんはスーパーにたどり着いて買い物をすませて戻ってきたというのです。

おばあちゃんに頼まれた牛乳は500mlパックだったのですが、それは棚の上のほうにあって手が届かなかったため、下の段の1リットルパックを買ってきました。
「重くなかったの?」と尋ねると「重かったけどがんばった」とのこと。

レジ前にて買い物袋の中を見ると、おばあちゃんから頼まれてもいない単三電池の4本入りもありました。お金は財布をレジのお姉さんに渡して、支払い金額を抜いてもらったそうです。

そんな初めてのお買い物がよほど楽しかったようで、それからときどき買い物に行きたがるようになりました。
「毎朝食べる玄米コーンフレークを買いに行く」と出かけたときは、結局自分が食べたかったワッフルを買っていました。なぜトースターの上に、ワッフルがあるのだろう? と思っていたら、うーちゃんが買ってきたものだったのです。

ひとりで買い物に行くというので、心配して妻が尾行をしたことがあります。しかし、見通しのいい通りであるため、あっという間に見つかっていやがられました。

一人で買い物に行きたい先日、うーちゃんが「だれにも言わないで買い物に行く」と宣言。

ぼく「そんなのダメだよ。お金はどうするの。もってないでしょ」
うーちゃん「おこづかいがある」

たしかに、お年玉などでもらったお金がポチ袋に入っています。しかしひとりで買い物にいくだけでも心配なのに、だれにも言わないで行くなどもってのほかです。そのときは店が終わったらおばあちゃんと行くということで落ち着きました。

それから数日後のことです。

白状うーちゃん「ママにこれ買ってきたよ」
そう言ってうーちゃんが、カプリコを妻に渡しました。
妻「ありがとう。おばあちゃんと店を閉めて行ってきたの?」
うーちゃん「ぼくはこれだよ」

妻の質問には答えず、買い物袋から3個入りパックのヨーグルトを取り出します。不審に思った妻が問いつめると、おばあちゃんの目を盗んで、ひとりで黙って買い物に行っていたことを白状したのです!
ひとりで買い物に行くなんてすごい成長です。たくましく、喜ばしいことではあるのですが非常に心配でもあります。
二度としないと約束をさせはしたものの、毎日心配で仕方がありません。

【古泉智浩さん】

漫画家。1969年、新潟県生まれ。93年にヤングマガジンちばてつや賞大賞を受賞してデビュー。里子を受け入れて生活する日々をつづったエッセイ『うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門』、その里子と特別養子縁組制度をめぐるエピソードをまとめたコミックエッセイ『うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました』など著書多数。古泉さんの最新情報はツイッター(@koizumi69)をチェック!

うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門

うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門



子どもがほしい…。6年間で600万円、不妊治療のどん底で見つけた希望の光。里親研修を受け、待望の赤ちゃんを預かった著者(40代・男)が瑞々しくも正直に綴る、新しいタイプの子育てエッセイ


うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました

うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました



「新しい家族のかたち」として注目を集める「特別養子縁組」の仕組みや手続き、実親との関係、真実告知、男親の育児などを正直に綴ったコミックエッセイ

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア