<大盛のぞみの子育て漫画>第39回 子どもの預け先がない!そんなとき見つけた奇跡の求人
大盛 のぞみ
2019.03.14
  • この記事を
    シェア

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。
仕事復帰を決意したものの、なかなかいい求人情報はなく…。そんなとき見つけたパート募集の記事とは!?

体力が有り余って昼寝もしない息子。どうやったら寝てくれる!?

子どもの預け先がないっていうのは、マンツーマン子育てに向いてない私にしたら、なかなかの問題だった。

独身時代は、どちらかといえば子どもが好きな方だった私。
好きなだけ家で自分の子どもと遊んだりできる専業主婦に憧れたりしていたけども、それは独身時代は好きなときだけ気まぐれに無責任にかわいがれるという立場なのと、よそ様の子どもの機嫌のいい上澄みの部分を多く楽しませてもらっていたからなんだな! とようやく悟った。

子どもと過ごす毎日は、やたら元気だけど壊れやすい暴走列車の車掌兼整備士になった気分。

とくにうちの子は外に出たがらないけど体力が有り余っていて、昼寝もほぼしない。

1歳10か月頃のこの頃、子どもが寝るツボばかり調べていたなーという記憶がある。とにかく寝てほしかった!!

今、この頃の息子の写真を見返すと、「あぁ…なんでこんなかわいい頃にあんなに余裕がなかったんだろう…」と思ってしまうこともあるけど、それはもう仕方なかったよ、と自分に言い聞かせている。
私はきっと何回生まれ直しても、乳幼児との生活で禿げてしまう人間です。

漫画

そんなこんなで息子の嫌いな公園に行く途中、立ち寄ったコンビニで見つけた求人誌。

そこに載っていたのは託児所のパート募集の記事。

24時間好きな時間に勤務OK。
息子を連れての仕事可!
しかも、まかないつき!!

ここ以上にいい条件のところはないよね!

その日のうちにすぐ連絡をした。

【大盛のぞみ】
Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約10万人超。岡山県に暮らす2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある

のぞみ33歳。だだ漏れ日記


8万人が爆笑!すべて実話の“恥ずかしい過去"を描いた闇漫画の書籍化!!