ツウな料理家が教える、台湾の本当においしいお店はここ!
  • この記事を
    シェア

2019.04.15

日本から約3時間という近さや、のんびりした街の雰囲気、そしてなによりもおいしい食事が魅力の台湾。

「辛味やスパイスが強すぎない優しい味つけなので、食べ飽きることがありません。人気のお店はもちろん、飛び込みで入ったお店もおいしいんですよね」と話すのは、料理家のワタナベマキさん。

ワタナベマキさんがナビゲート! 台北のレストラン

毎年台湾を訪れているというワタナベマキさんが、お気に入りのレストランを紹介してくれました。

●台湾好きこそ挑戦したいローカルな海鮮レストラン

台湾好きこそ挑戦したいローカルな海鮮レストラン
魚やエビなどの海鮮メニューがおいしい!
地元の人が集まるディープなお店に行きたい! という人におすすめのレストラン。

ロブスターとトマトの炒め物「メニューはなく、おまかせコースのみ。滞在するホテルのフロントから電話を入れてもらい、予算や食べたい食材を伝えるとスムーズです」

アサリと台湾バジルの炒め物おまかせコースは1人1000元~が目安。

魚料理この日はアサリと台湾バジルの炒め物、ロブスターとトマトの炒め物など全7品。

・巧味台菜海鮮餐庁(チャオウェイタイツァイハイシェンツァンティン)

台北市大安區麗水街4號 MRT東門駅より徒歩約2分 
(電話)02・2393・7705 (営)11:30~14:00、17:30~21:00 (休)月曜

●うま味たっぷりのスープと種類豊富なタレで食べる白菜鍋

種類豊富なタレで食べる白菜鍋白菜の酢漬けと豚肉、野菜がたっぷり入った「酸菜白肉火鍋」の専門店。

たくさんの調味料から選んで、自分でタレを調合「たくさんの調味料から選んで、自分でタレを調合します。途中で味替えしながら食べるのが楽しいですよ」
鍋はサイズを選べ、小サイズ(3人前)は650元。

好みで混ぜたタレにつけていただきます魚介系のだしに、白菜の酸味と肉のうま味が加わったまろやかなスープが特徴。

「酢やラー油、ニラや香菜など好みで混ぜたタレにつけていただきます」

・圍爐(ウェイルー)

台北市大安區仁愛路四段345巷4弄36號 MRT忠孝敦化駅より徒歩約10分 
(電話)02・2752・9439 (営)11:30~14:00、17:30~21:30 (休)無休

●旅の疲れを癒やしてくれる野菜中心のメニュー

グリーンの外観
グリーンの外観が目印!
食べすぎて胃が疲れたな…というときに訪れたいのが、オーガニックにこだわったこのお店。

優しい味つけと野菜中心のメニュー「優しい味つけと野菜中心のメニューがうれしい。青菜を混ぜ込んだご飯『上海菜飯』(小サイズ・180元)や湯葉の揚げ物『脆皮豆包』は必ずオーダーします」

・東雅小廚(ドンヤーシャオツー)

台北市大安區濟南路三段7-1號1樓MRT忠孝新生駅より徒歩約2分 
(電話)02・2773・6799 (営)11:30~14:00、17:30~21:00 (休)無休

●小ぶりで気軽に食べられる! ジューシーな肉まん

人気の肉まん店の店員行列のできる人気の肉まん店。

しっかり下味がついたジューシーな肉まん
肉汁もたっぷり!
「しっかり下味がついたジューシーな肉まんは格別。ほかのお店より小ぶりでおなかいっぱいになりすぎず、食事の合間に立ち寄ることも」
売りきれ次第、閉店するので、早めの時間に訪れて。

街歩きしながらぜひアツアツをほおばって!ふかふかの肉まん「肉包」と野菜まん「菜肉包」(各15元)は、しっかり厚みのある皮もおいしい。
「街歩きしながらぜひアツアツをほおばって!」

・康樂意小吃店(カンルーイーシャオチーディェン)

・台北市中正區汀州路二段46號 MRT古亭駅より徒歩約9分 
(電話)なし (営)7:30~13:00(休)日曜

●アツアツの“おやき”は街歩き中の軽食にぴったり

アツアツの“おやき”東門市場の一角にある“粉もの”のお店。

おやきのような高麗菜餅
中はたっぷりの千切りキャベツ
「おすすめは、小麦粉の生地でキャベツの千切りを包んだおやきのような『高麗菜餅』や細切りの大根が入った『蘿蔔絲餅』(各20元)。あっさりした味つけでペロリと食べられます」

店頭ではフレンドリーなご主人がおやきを焼くところも見られますパリパリの皮とシャキシャキの野菜の組み合わせがおいしい。店頭ではフレンドリーなご主人がおやきを焼くところも見られます。

・利隆餅店(東門市場)(リーロンビンディェン(ドンメンシーチャン))

・台北市中正區信義路二段79巷15號 MRT東門駅より徒歩約4分 
(電話)02・2395・2963 (営)6:30~13:00 (休)月曜

●ショウガの効いたシロップが絶品

「豆花」は台湾の定番スイーツ豆乳を固めて甘いシロップをかけた「豆花」は台湾の定番スイーツ。
「市場の中にあるこの店は、ピーナツだけをトッピングしたシンプルさが魅力。さらりとした甘さのシロップはショウガが効いています」

メニューは手づくりの豆花と豆乳だけの小さなお店メニューは手づくりの豆花と豆乳だけの小さなお店。夏は冷たい豆花、冬は温かい豆花(各40元)を楽しんで。

・東門豆花(東門市場)(ドンメンドウファ(ドンメンシーチャン))

台北市中正區金山南路一段142巷5號 MRT東門駅より徒歩約3分 
(電話)0968・109・709 (営)7:30~15:00 (休)月、木曜

東門市場はお楽しみがいっぱい!

フルーツ約90年の歴史がある「東門市場」。食料品、洋服、生活雑貨など多彩な店がギッシリ。なかには試食のできるお店も。

生活雑貨生活雑貨店では、真っ白なふきんがお買い得。
「丈夫ですぐ乾き、しかも安い! いつもまとめ買いしています」

※通貨の単位は元(台湾ドル)。1元=¥3.6です(2019年4月現在)。また情報は2019年1月時のものです

<撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部 取材協力/台湾観光局、TOP TAIWAN>

●教えてくれた人
【ワタナベマキさん】

料理研究家。雑誌や書籍、テレビで、旬の素材を生かしたレシピを提案。ナチュラルなライフスタイルにも注目が集まる。近著に『たまご×ワタナベマキ=ソース』(誠文堂新光社刊)

たまご×ワタナベマキ=ソース たまご×ワタナベマキ=ソース

家庭に常備している人気食材に特化した「食の方程式」シリーズ。第3弾となる「たまご」は、「ソース」感覚で料理にまとわせることで様々な味わいに変化します