<大盛のぞみの子育て漫画>第37回 「はやく出ていけ!」と言う父親に呆然!でもその真意は…
大盛のぞみ
2019.02.28
  • この記事を
    シェア

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。
今回は、ゴシップ好きなご近所さんに突撃され…。父に伝えたら意外な展開!

実家の父からの「子どもを連れて帰れ!」の言葉。その真意は?

私はすっかり忘れていた。
刺激の少ない村生活では、ちょっとしたできごとでもウキウキのゴシップになることを!
「あんた離婚したいうて聞いとるけど、どうなん? 離婚しとるんじゃろ?(大ネタを望むキラキラのお目目)」という質問に颯爽と「そうなんよー、これからここでがんばるけん~」と答えてあげるわけにもいかず、気まずく会話は終了。

家に帰って、携帯の無料ゲームを楽しむ父に、
「あのねー、近所のおばちゃんが、私離婚したんやないんか? って聞いてきたんよ。でも私まったく気にせんけん、バブ夫の単身赴任が今月で終わるけど、みんなで気にせず仲良くやっていこうね! 孫おるって幸せやろ?」と言った。すると…。

4コマ漫画父はすかさず、
「お前の家はここじゃないけんな。月末には帰りなさいよ。お父さんの幸せはお前たちが3人幸せに過ごすことですけん」とピシャリ!

私はねー、本当にビックリした。
今思うとまったくもってマトモすぎるいい父親だと思うんだけど、当時の私はビックリを通り越して、

「なななな…なに? 私を裏切ったねお父さん!! ひどいひどすぎる!!」

と被害妄想&逆恨み。

またあの孤独な日々を過ごせって言うんやな!! とブリブリ激怒した。
とにかく実家にいてラクすぎて、脳も子どもになってたんだなと、今になって恥ずかしく思い出してます…。

【大盛のぞみ】
Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約10万人超。岡山県に暮らす2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある

のぞみ33歳。だだ漏れ日記


8万人が爆笑!すべて実話の“恥ずかしい過去"を描いた闇漫画の書籍化!!