ワインなのにオレンジ色!「オレンジワイン」がブームの兆し
福村真弓
2019.02.25
  • この記事を
    シェア

ワインといえば、白、赤、ロゼが一般的ですが、今「オレンジワイン」がブームの兆しです。果物のオレンジを使っているわけではなく、白ブドウを原料としながら、美しいオレンジ色が特徴。

「“クヴェヴリ”と呼ばれるカメで醸造されるジョージアのオレンジワインが世界中で流行中。日本にもジョージアのオレンジワインが数多く輸入され始めました」と教えてくれたのは、ソムリエの福村真弓さん。詳しく伺いました。

オレンジワイン

フルーティーな香りで最高に映える「オレンジワイン」3選!

ネーミングのもの珍しさもあって、注目が高まっているオレンジワイン。
近年はジョージア(旧グルジア)だけでなく、イタリアなど世界中でオレンジワインがつくられています。今年は日本でもブームになること間違いなしのオレンジワインを自宅で先取りしてみませんか?

●オレンジワインの製法はユネスコの無形文化遺産に

オレンジワインボトルジョージアのオレンジワインの製法は、ワインの製法において唯一ユネスコの無形文化遺産に登録されています。オレンジワインは「アンバーワイン」とも呼ばれ、このジョージアが発祥国。

ジョージアは東ヨーロッパに位置し、西は黒海、東はカスピ海に面しています。日本においては栃ノ心の出身地として有名ですが、じつは8000年という世界最古のワイン産地の歴史をもちます。

無形文化遺産に登録されている製法でつくられたオレンジワインを飲んで、古くて新しいワインのスタイルをご自宅で楽しんでみましょう。

●オレンジワインの特徴って?

オレンジワインまずオレンジワインの特徴といえば、オレンジ色がかった美しい色調。また、白ワインとは異なり味わいにタンニン(渋み)があることも特徴のひとつです。

白ワインは果皮を取り除いてから発酵されますが、オレンジワインは白ブドウを原料としているものの、果皮を取り除かずに約3~6か月ほどクヴェヴリと呼ばれる土器の中で発酵と熟成を行います。

白、ロゼ、赤ワインにオレンジワインが加われば、合わせるお料理の選択肢が増えますね。

古くて新しい! 今、飲むべきオレンジワイン3選

●飲むアロマテラピー! 香り豊かな「シャラウーリ」

シャウラーリ

【香り】

ドライフルーツのアプリコットやグースベリーの甘酸っぱい香りが鼻孔をくすぐります。ミツロウ、カモミールティー、オレンジピールなどのかぐわしい香りが次から次へと立ちのぼってきます。まるで飲むアロマテラピー。

【味わい】

甘い香りに反して、味わいは非常にドライでしかっりした酸とタンニン(渋味)が感じられます。オレンジピールやおだしのようなうま味を感じられ、余韻が長く続きます。
エキゾチックなドライフルーツの香りとドライな味わいは、タイ料理にピッタリ。
レモンがアクセントのタイ風焼きそば・パッタイや、甘酸っぱいソースをつけて食べる生春巻きと合わせてお楽しみください。

【飲むシチュエーション】

黄金がかったオレンジ色が美しく、さまざまな香りがたくさんつまったワインは、それだけで心を幸せにしてくれます。
エキゾチックなアジア料理を準備して、普段とは趣の違う週末ディナーにおすすめです。

シャウラーリ・シャラウーリ・ワイン・セラーズ ルカツィテリ・ムツヴァネ 12.5% 生産国:ジョージア 3618円(税込) 輸入元:モトックス

●じゅわっと唾液が出てくるような味わい「オルゴ」

オルゴ

【香り】

ワインをグラスに注いでグラスをゆっくり回すと、レモンピールやマンダリンオレンジの柑橘系の皮の香りに、ダージリンティーやシナモンなどのさまざまな香りが立ちのぼってきます。吸い込まれそうな魅惑の香りに、グラスに口をつけずにはいられません。

【味わい】

味わいはドライで、香りに感じた柑橘系の皮やスパイスの香りが口中いっぱいに広がります。ワインを口にした瞬間にじゅわっと唾液が出てくるような味わいに食欲がそそられますよ。
うま味たっぷりの濃厚な鶏白湯(パイタン)鍋などと合わせてお楽しみください。

【飲むシチュエーション】

ゴールドがかった美しいオレンジ色はテーブルが華やぎます。ちょっと大人の鍋パーティーなどでいかがでしょう?
普段のお鍋もオレンジワインで一段と高級感とおしゃれ度が増します。

オルゴボトル・テレダ オルゴ・ルカツィテリ・クヴェヴリ・アンバーワイン 生産国:ジョージア 13% 4104円(税込)輸入元:アルカン

●じつはイタリア産! 揚げ物などどんな料理にも合う「アナトリーノ」

アナトリーノ

【香り】

香ばしくグリルしたアーモンドやヘーゼルナッツの香りが飛び込んできます。徐々にオレンジピールや黄桃のコンポートの香りも立ちのぼってきます。まずは香りにノックアウト。いつまでもこの香りを嗅いでいたいくらい。心ときめくワインです。

【味わい】

オレンジワインの中ではタンニン(渋味)が比較的控えめですので、オレンジワインは初めてという方におすすめです。香りも味わいもナッティーで香ばしさがあとを引く、そんなワインです。甘酸っぱいフルーツの余韻が長く続きます。

【飲むシチュエーション】

とってもかわいいエチケット(ラベル)なので、プレゼントにもおすすめです。フードフレンドリーな味わいで、家庭料理にもぴったり。
香ばしい香りはカリッと香ばしく、揚げ物やナッツを使ったお料理などにもピッタリ。カツレツや、ナッツとルッコラのサラダなど、幅広く合わせて楽しんでいただけます。

アナトリーノボトル・カルロ・ダンガネッリ アナトリーノ 生産国:イタリア 13% 3024円(税込) 輸入元:トレジャーフロムネイチャー

白ワインとも赤ワインとも違うオレンジワインの魅力で、いつものお食事もより一層楽しんでいただけるでしょう。ぜひお気に入りを見つけてください。

●教えてくれた人
【福村真弓さん】

ワイン・コラムニスト、イタリア大使館認定ソムリエ。イタリアワイン・マスターズにおいて、2011年ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ大使に任命される。また、翌年の2012年には日本で開催されるイタリアワイン・ベストソムリエコンクールで優勝。さらに世界のワインの見識を深めるべく、世界最大のワイン教育機関Wine&Spirit Education Trust(WSET)認定 Level 3 Advancedを取得。現在は、「ワイン王国」や「Wine-What!?」のテイスターを務める