美食もパンダも!ワタナベマキさんとめぐるとっておきの台湾 
  • この記事を
    シェア

2019.02.08

日本から約3時間という近さや、のんびりした街の雰囲気、そしてなによりもおいしい食事が魅力の台湾。年々、旅先としての人気が高まっています。

毎年台湾を訪れているという料理研究家のワタナベマキさんが、プライベートでも訪れているお気に入りのお店を紹介してくれました。

台湾
ここは外せない!とっておきの台湾情報を教えていただきました

春休みやゴールデンウィークに!台湾のおすすめスポット

●朝食メニューの定番!優しい味の豆乳スープ

台湾台湾の朝食に欠かせない「シェントウジャン」は豆乳に酢やしょうゆ、干しエビ、揚げパンなどを入れてフルフルに固めたもの。

台湾「いくつもあるお店のなかでも、ここはとくにおいしくてお気に入り。食べやすいサイズ感もいいですね」

◆秦小姐豆漿店
台北市延吉街7號之6 MRT台北小巨蛋駅より徒歩約8分

●旬の味を堪能できるフルーツパーラー

台湾旬の果物を思う存分楽しめるフルーツパーラー。

「カットフルーツやジェラートは、フルーツ天国・台湾ならではのおいしさ。落ち着けるお店なので、子どもとも来やすいですね」

春は台湾バナナやイチゴがおすすめだそう。

◆陳記百果園
台北市大安區敦化南路一段100巷7弄2號 MRT忠孝復興駅より徒歩約15分

●じっくり試飲して買えるお茶の専門店

台湾迪化街近くにある中国茶の問屋さん。ご主人がお茶の入れ方や茶葉の特徴を丁寧に教えてくれます。

「いろんな茶葉を試飲でき、良質なお茶を安く購入できるのが魅力。いつも1年分のお茶をまとめ買いしています」

◆徳興茶業
台北市重慶北路二段70巷13號 MRT雙連駅より徒歩約15分

●みんな大好きなパンダやコアラを間近で見られる

台湾アジア最大級の広大な敷地を誇る台北市立動物園は、台北の中心街から地下鉄MRTで約30分。

台湾注目はなんと言っても、パンダを間近で見られる「パンダ館」。
「平日なら日本よりもゆっくりパンダが見られて、子どもも喜びそう」

◆台北市立動物園
台北市文山區新光路二段30號 MRT動物園駅よりすぐ

台北は小さな街なので、上手に回れば2泊3日でも十分に楽しめます。また、人が温かく、子連れ旅もしやすい街。春休みやゴールデンウィークに訪れてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【ワタナベマキさん】

料理研究家。雑誌や書籍、テレビで、旬の素材を生かしたレシピを提案。ナチュラルなライフスタイルにも注目が集まる。近著に『たまご×ワタナベマキ=ソース』(誠文堂新光社刊)

<撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部>

たまご×ワタナベマキ=ソース

家庭に常備している人気食材に特化した「食の方程式」シリーズ。第3弾となる「たまご」は、「ソース」感覚で料理にまとわせることで様々な味わいに変化します